魅せられてインド陰陽紀行

魅せられてインド陰陽紀行

奥田 継夫/著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2009/6/24

書名カナ ミセラレテインドインヨウキコウ
判型/製本 A5/並製
ページ数 194
ISBN 978-4-7791-1449-6
Cコード 0026
カオス、神々や仏の源流……インド・ヒンズー教の世界へ。二回に及ぶインドの旅の様子と、日本とインドの関係を辿る「インド陰陽、色の旅/日本の中のインド」、「インド・日本、語源の旅」を収録。時間と空間を越えた旅の記録。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】奥田 継夫978-4-7791-1449-6
●収録目次
Ⅰ インド陽気な陰の旅
 ——ボンベイからゴア・コモリン岬経由トリバンドラム
Ⅱ インテルメッツオ
 ——映画で旅を/旅のあとで映画を ほか
Ⅲ インド陰気な陽の旅
 ——トリバンドラムからトリバンドラムへ
1 トリバンドラム—コーチン—マドラス—ブバネシュワル—プリー
2 コルカタ—ダージリン—ブッダガヤ
3 バラナン—アーグラ—デリー—ムンバイートリバンドラム
Ⅳ インド陰陽、色の旅/日本の中のインド
0 色眼鏡で見るインド
1 月夜に釜を抜く
2 帝釈天のSEX
3 マラの魔力、魔力なマラ
4 至高神の一物比べ
5 三神の三妃
6 シヴァは壺を自在にする
7 シヴァ神話はリンガとヨン
8 シヴァとサティのロマンス
9 ダイコクさんは色事師
10 ガネーシャは歓喜天
11 太古大地母神
12 目(メとマ)は意味深
13 アンドロギュノスとヘルマブロディトス
14 陰陽・クロス・十字
15 マンダラ・マンジ
Ⅴ インド・日本、語源の旅
1 仏陀とは何か?
2 小乗と大乗
3 四苦八苦
4 縁
5 モーセ・釈尊・イエス
6 観音・菩薩・弥勒
7 顕教と密教
8 不動明王は元ダキニ天
9 立川流
10 道教
11 修験道
12 陰陽道
13 晴明と堂満
14 七福神—恵比寿、夷、戎、エビス
15 中国、お前もか!
16 インドの魔族
17 カースト
18 インドについてのキーワード
奥田 継夫
 1934年(S.9)大阪生まれ。作家。
 映画化・漫画化・絵本化された『ボクちゃんの戦場』をふくむ『奥田継夫ベストコレクション』全10巻、『映画で考えるシリーズ』全3巻、『スマトラ・愛・ストーリー』、『お父さんのeメール』、絵本『お正月さん』ポプラ社刊。他に、
『50歳からの自由旅行』新潮社
『食べて歩いてやっと旅人らしく』三一書房
『どこかで鬼の話』人文書院
『君たちは性をどう考えるか?』筑摩書房
『浪花のいやしんぼ語源自典』東方出版
『大人も読みたい子どもの絵本』大月書店
『語源で探るユダヤ・キリストの逆コード』彩流社
  など、著書多数。