カルト漂流記  オウム篇

カルト漂流記 オウム篇

早見 慶子/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2009/5/21

書名カナ カルトヒョウリュウキオウムヘン
判型/製本 四六/並製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-1443-4
Cコード 0036
過激派を脱退した著者は、「カルト」とも呼ばれた宗教団体を漂流し、「オウム真理教」と出会う。新左翼とはスケールの違う組織性と、若きリーダー「井上嘉浩」に魅了される。社会を震撼させた「集団」の内側とは…。早見 慶子978-4-7791-1443-4
カルト漂流記 オウム篇☆目 次

★第一部 オウム真理教との出会い 
一  想い出の公園の木 
二  地球のガイアと神 
三  「キーレーン」のコンサート 
四  運命の出会い 
五  ヨガスクールに通う 
六  3Sによるマインドコントロール 
七  湾岸戦争とプラズマ兵器 
八  貧富の差の問題 
九  お水だけで楽しい空間 
★第二部 オウム真理教の教えと活動 
一〇 坂本弁護士一家失踪事件 
一一 宙に舞う教祖 
一二 水中クンバカと水中エアータイトサマディ
一三 選挙と女性たち 
一四 ゴキブリとねずみ 
一五 四無量心と赦す心 
一六 グルへの帰依 
一七 ハエだった前世 
一八 地獄の話 
一九 肉体と魂 
二〇 ヒヒイロカネと賢者の石 
二一 ヘルメスと麻原彰晃 
二二 熊本・波野村で住民票不受理 
二三 夢に出てきた教祖 
二四 ヘッドギア 
★第三部 サリン事件とオウム真理教 
二五 松本サリン事件 
二六 オウムとサリン 
二七 ハルマゲドンと予言 
二八 フリーメーソンという秘密結社 
二九 麻原彰晃の野望 
三〇 ニコラテスラと地震兵器 
三一 そして地下鉄サリン事件は起こった 
三二 村井秀夫刺殺事件 
三三 機動隊に囲まれた道場 
三四 カーチェイスをした若者 
三五 裁判で見えないこと 
三六 樹木からのメッセージ 
早見 慶子
元「戦旗・共産主義者同盟」メンバー。8年の組織活動と7年のアジト生活を経験。1993年の春、「キーレーン」のコンサートを通じてオウム真理教と出会う。その後、1995年の麻原彰晃逮捕まで交流。好きな言葉は愛。自然が好きで、木を見ると安心する。
著書に『I LOVE 過激派』(彩流社、2007年)などがある。
愛知県出身。東京理科大学薬学部卒業。
ホームページ http://hayamikeiko.com