笠松左太夫の生涯と山保田組の歴史

笠松左太夫の生涯と山保田組の歴史

紀州の大庄屋
髙垣 重造/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2009/3/24

書名カナ カサマツサダユウノショウガイトヤマヤスダグミノレキシ
判型/製本 四六/上製
ページ数 310
ISBN 978-4-7791-1425-0
Cコード 0021
平安時代から悪地頭の時代をへて、江戸時代、後世に残る製紙業(保田紙)を立ち上げ、灌漑につとめた笠松左太夫の業績と生涯を、地域に残る貴重な古文書を通して概観。日本の村落に生きた庶民の姿が鮮やかに甦る歴史読みもの。髙垣 重造978-4-7791-1425-0紀州の大庄屋
第一編 山保田組の歴史
一章 その環境
二章 阿氐河荘
㈠「片仮名言上状まで」
㈡「高野山領となる」
三章 藩政確立以後
四章 山中雑記

第二編 笠松左太夫の生涯
     
一章 業績
㈠灌漑利水事業
㈡「保田紙」の創業
二章 左太夫の遺書
㈠寛文十三年以前
㈡死亡年の遺書
三章 左太夫の出自について
㈠「天正大乱」
㈡藩政以降
四章 佐太夫のまとめ
 
系図
㈠ 「保田大系図」        
㈡ 「湯浅系図」

関連人物資料
髙垣 重造
1926年生まれ。農水省統計情報の業務に従事。和歌山県清水町町誌編集委員をつとめ、現在フリー。
著書に『近世紀州 村の事件簿』『続・近世紀州 村の事件簿』『明治四年 紀州犯罪帳―「罪と罰」のフォークロア 』(いずれも三一書房)などがある。