語りの魔術師たち

語りの魔術師たち

英米文学の物語研究
佐藤 勉/著
通常価格
¥6,160
販売価格
¥6,160
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2009/3/19

書名カナ カタリノマジュツシタチ
判型/製本 A5/上製
ページ数 530
ISBN 978-4-7791-1413-7
Cコード 0098
英米文学作品の語りの分析を通して、「物語のレトリック」を読み取るユニークな研究!古代の詩学や弁論術を元に発展してきた「修辞学」の面白さを踏まえ、語りの理論として『物語のレトリック』が重要であることを提起。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】佐藤 勉978-4-7791-1413-7英米文学の物語研究
第I章 語りとの関係でみる物語の深層構造
第II章 語り手はいかにして生まれたか――スティーヴン・V. ベネの『自由はめったに買えるものではない』
第III章 語りと視点の操作――ジェイムズ・サーバーの『ツグミの巣籠もり』
第IV章 語りと思考の動き――ジェイムズ・ジョイスの『死者たち』
第V章 語りとサスペンスの旋律的対位――ウイルバー・D. スティールの『足音』 第VI章 語りとポストモダンの精神分析――ポール・ボウルズの『あなたは私ではない』
第VII章 語りとアリュージョン――フラナリー・オコナーの『善人はめったに見つかるものではない』――深南部の伝統と怒り 第VIII章 詩における語りの意義――パーシー・B.シェリーの『オジマンディアス』――その思想と想像力
第IX章 語りと人間の誕生の宿命的悲劇――ジョゼフ・コンラッドの『白痴』の謎 第X章 語りにおける作者・テクスト・読者の関係構造――キャサリン・マンスフィールドの『見知らぬ者』及びD. H. ロレンスの『バラ園の影』
第XI章 語りとレトリックの関係構造――ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』、キャサリン・A.ポーターの『魔術』、キャサリン・マンスフィールドの『上流夫人のメイド』――レトリックの物語
第XII章 「悲劇構造の技法」から「物語構造の技法」へ――ギリシア悲劇から学ぶ
第XIII章 語りのプロットと古典悲劇の構造――ジェフリー・チョーサーの『トロイラスとクリセイデ』における「形式」
第XIV章 語りのプロットと中世喜劇の構造――ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』
第XV章 プロット構成の技法――語りの構造分析 第
XVI章 私の語りの構造分析に関する修辞的用語 終章 私が選んだ魔術師たち――作家と作品
佐藤 勉
獨協大学教授。著訳書等に『カンタベリー物語』の語り(佐藤 勉著、彩流社 1998年)、『文学の構造 形式批評の方法』(ポール・グッドマン著、佐藤勉監訳、東畑圭信・堀いづみ訳、彩流社 2003年)ほか。