小松菜の里

小松菜の里

東京の野菜風土記
亀井 千歩子/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2009/2/6

書名カナ コマツナノサト
判型/製本 四六/上製
ページ数 174
ISBN 978-4-7791-1406-9
Cコード 0039
冬菜、うぐいす菓、はぐれ菓、と名を改めながら一年中食膳にのぼる小松葉……。東京・小松川の特産であったこの野菜の歴史をたどり、小松菜を育んだ江戸川・葛飾のありし日の面影を再現し、小松菜のすべてを描く好著。亀井 千歩子978-4-7791-1406-9東京の野菜風土記
亀井 千歩子
日本地域文化研究所 小松菜屋敷 屋敷守。

執筆者紹介
亀井鳴瀬(かめい なるせ)
本名悦造 明治32年6月6日東京府南葛飾郡西小松川村道ヶ島に生まる。生家は元和時代より続く、間々井の宮香取社の社家で、21代目を継いだ。国学院大学神道部出身。青年の頃より友人と俳誌「かつしか」を創刊し・句作と郷土文化の保存につとめる。妻のきよ(俳号杉芽女)と共に俳句を原石鼎に学ぶ。著書に『葛飾風物誌』、句集『つちくれ』(杉芽女と共著)、句集『田渋』等がある。俳人協会々員、神社本庁参与、香取神社並びに江戸川区葛飾区の数十社の宮司を歴任した。昭和55年4月21日他界する。

亀井千歩子(かめい ちほこ)
鳴瀬の三女として東京都江戸川区に生まれる。民俗学者の瀬川清子に師事する。昭和48年、信州の塩の道・千国街道の民俗調査に従事し、昭和51年、『塩の道・千国街道物語』(国書刊行会)を出版。紀行作家・民俗研究家、さらに「街づくりのアドバイザー」、「塩の道会議」の顧問として活躍。昭和56年、父鳴瀬の遺稿集『葛飾風物誌』を出版。昭和60年、『小松菜の里』を出版。平成4年、母杉芽女の本『かつしか物語』出版。平成20年、『小松菜と江戸のお鷹狩り』いずれも彩流社にて出版。現在、日本地域文化研究所代表、「小松菜屋敷」主宰、日本民俗学会々員。江戸川区文化財保護審議会委員。他に著書多数。