サウダーデということ

サウダーデということ

ポルトガルの魂についての考察
諏訪 勝郎/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2008/12/18

書名カナ サウダーデトイウコト
判型/製本 四六/上製
ページ数 238
ISBN 978-4-7791-1394-9
Cコード 0098
ポルトガルの魂とは何か? サウダーデをめぐる四篇の斬新な論考に、ポルトガルの国民的詩人、パシュコアイシュの古典的名作『ポルトガル人という生きかた』(初版1915年)の翻訳を収録したかつてない本格的サウダーデ論。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】諏訪 勝郎978-4-7791-1394-9ポルトガルの魂についての考察
《収録内容》
第一章 サウダーデということ 
     A Saudade
第二章 ひとりということ、あるいはサウダーデ   Ser Só, ou A Saidade   
第三章 涙の泉、あるいはサウダーデという
かなしみ
Fonte das Lágrimas, ou A Dor como A Saudade
第四章 美しい花 
A Flor Bela
附(翻訳) ポルトガル人という生きかた 
      Arte de Ser Português   
諏訪 勝郎
大阪芸術大学工芸学科卒(学長賞受賞)
1998年~2001年 ポルトガル国立ポルト大学文学部、ポルトガル国立ミーニョ大学文学人文科学院留学
現在、西海市学芸員
西海市(長崎県)は南蛮貿易港として栄えた横瀬浦を擁し、天正遣欧少年使節の一員中浦ジュリアンの出生地としても知られるポルトガルゆかりの地。地域文化行政のほか、日葡交流史にとどまらないポルトガル研究に携わる。新進実力派ファド歌手カティア・ゲレイロのコンサートを二度(2003・ 2004年)、「ポルトガル現代アーティスト12人によるアズレージョ展」(2004年 、 駐日ポルトガル大使館共催)、音楽作品(CD)として、『西海とポルトガルをつないだ西洋音楽』、『天正遣欧少年使節にゆかりのポルトガルおよびその他のルネサンス音楽』(2005・2007年、いずれも(財)十八銀行社会開発振興基金助成)など。著書に『ポルトガル・ノート』(彩流社、2005年)がある。