北アイルランドのプロテスタント

北アイルランドのプロテスタント

歴史・紛争・アイデンティティ
松井 清/著
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2008/12/24

書名カナ キタアイルランドノプロテスタント
判型/製本 A5/上製
ページ数 341
ISBN 978-4-7791-1385-7
Cコード 0022
神とアルスターのために――。北アイルランド紛争を知る上で、外部からは理解しがたいユニオニスト(プロテスタント)のメンタリティーに光をあて、単純に図式化されがちな紛争の背景に最新の調査をまじえて迫る論考。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】松井 清978-4-7791-1385-7歴史・紛争・アイデンティティ
主要収録目次

第Ⅰ部 北アイルランド紛争─和平と暴力の交差する場面──
 第一章 「聖金曜日の合意」とユニオニストの選択
   1 「聖金曜日の合意」とその周辺
   2 住民投票 
   3 自治議会選挙
 第二章 オレンジ会のパレードとドラムクリーの攻防
   1 オレンジ会と「トゥウェルフス」
   2 ドラムクリーの攻防

第Ⅱ部 政治・宗教・アイデンティティ
 第三章 北アイルランド紛争における「ネイション」の位置
   1 ユニオニズムとナショナリズム
   2 「一つのネイション」と「二つのネイション」  
   3 ネイションの宗教的基盤
   ── デイヴィッド・W・ミラーの問題提起 ──
 第四章 北アイルランド紛争における「宗教」の位置
   1 北アイルランド紛争の説明
   2 非宗教的説明
   3 宗教紛争としての北アイルランド紛争

第Ⅲ部 プロテスタントのコミュニティ
 第五章 アルスター・プロテスタント
   1 プロテスタントとカトリック ── 分断の諸相 ──
   2 プロテスタントのコミュニティ
   3 ブリティッシュとアイリッシュシュネス」の歴史的背景
 第六章 保守的なプロテスタンティズム
   1 保守とリベラル
松井 清
明治学院大学社会学部教授・副学長。専攻、比較社会学。著書等に『教育とマイノリティ 文化葛藤のなかのイギリスの学校』(松井 清著、弘文堂、1994年)などがある。