9・11/夢見る国のナイトメア

9・11/夢見る国のナイトメア

戦争・アメリカ・翻訳
千石 英世/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2008/11/18

書名カナ キュウテンイチイチユメミルクニノナイトメア
判型/製本 四六/上製
ページ数 312
ISBN 978-4-7791-1382-6
Cコード 0095
文藝作品の「初訳」が苦労と不安、そして愉悦と栄光に満ちたものかは、誰もが知っている! 言語は本来多義的。翻訳はそれを一義に解釈しなければならない。その意味で《翻訳行為》は《批評行為》だ! 根源的な翻訳/批評論。千石 英世978-4-7791-1382-6戦争・アメリカ・翻訳
千石 英世
文藝評論家、立教大学文学部教授。1949年、大阪生まれ。1972年、東京教育大学文学部卒業。1975年、東京都立大学大学院英文学専攻修士課程修了。1983年、「ファルスの複層-小島信夫論」で群像新人賞受賞。アメリカ文学の研究、特にメルヴィル『白鯨』の翻訳のほか、文藝評論でも活躍。著訳書に『西洋落穂集 (ラフカディオ・ハーン著作集)』(ラフカディオ ハーン著、篠田 一士・寺島 悦恩・千石 英世 訳、恒文社、1987年)、『小島信夫 ファルスの複層』(千石英世著、小沢書店、1988年)、『白い鯨のなかへ メルヴィルの世界』(千石 英世著、南雲堂、1990年)、『アイロンをかける青年 村上春樹とアメリカ』(千石 英世著、彩流社、1991年)、『白鯨 上・下 モービィ・ディック 講談社文芸文庫』(ハーマン・メルヴィル著、千石 英世訳、講談社、2000年)、『異性文学論 愛があるのに ミネルヴァ評論叢書〈文学の在り処〉3』(千石 英世著、ミネルヴァ書房、2004年)、『小島信夫 暗示の文学、鼓舞する寓話』(千石 英世著、 彩流社、2006年)、『名作はこのように始まる 2 ミネルヴァ評論叢書〈文学の在り処〉 別巻2』(中村 邦生・千石 英世編著、ミネルヴァ書房、2008年)などがある。