対訳 日本昔噺集〈第2巻〉

対訳 日本昔噺集〈第2巻〉

JAPANESE FAIRY TALE SERIES
宮尾 與男/編
通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2009/4/16

書名カナ タイヤクニホンムカシバナシシュウダイ2カン
判型/製本 菊/上製
ページ数 250
ISBN 978-4-7791-1371-0
Cコード 0090
子どものころ祖母や母親が語ってくれた昔噺を思い出さない人はいない。昔噺は人から人へと口伝されてきた歴史をもつ。第2巻に収録の昔噺は、「浦島」「八頭の大蛇」「松山鏡」「因幡の白兎」「野干の手柄」「海月」「海幸彦山幸彦」等。   【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】宮尾 與男978-4-7791-1371-0JAPANESE FAIRY TALE SERIES明治期の彩色縮緬絵本
<第2巻>
8.浦島(若い漁師うらしま)
9.八頭の大蛇(八つ頭の大蛇)
10.松山鏡(松山の鏡)
11.因幡の白兎(いなばの野兎)
12.野干の手柄(子狐の勝利)
13.海月(愚かなくらげ)
14.海幸彦山幸彦(燃える炎の王子と鎮まる炎の王子)
宮尾 與男
1948年、東京に生まれる。日本大学大学院国文学専攻博士課程修了。専攻、近世文学、文化、芸能、美術。日本大学文理学部、医学部、理工学部、武蔵野女子大学短大部、大東文化大学文学部講師、玉川学園女子短期大学専任講師、日本大学文理学部、芸術学部講師を経て、現在、日本文学研究者、子ども文化史研究所所長、夕霧軒文庫文庫長、国立劇場公演専門委員。
著書 『たむらのさうし』『醒睡笑』『江戸桜』『江戸太神楽』『江戸笑話集』『元禄舌耕文芸の研究』『上方舌耕文芸史の研究』『上方咄の会本集成』『道ゆく大神楽』『江戸艶笑小咄集成』『図説江戸大道芸事典』『江戸と東京風俗野史』(編注)『彩色(さいしき)中国看板図譜』(編注)ほか