マリー・アントワネットの「首飾り事件」

マリー・アントワネットの「首飾り事件」

アンタール・セルプ/著 、 リンツビヒラ 裕美/訳
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2008/10/10

書名カナ マリーアントワネットノクビカザリジケン
判型/製本 四六/上製
ページ数 319
ISBN 978-4-7791-1357-4
Cコード 0097
ルイ16世の治下、フランスに生じた奇怪な出来事。権謀術数、渦巻く欲望。王侯貴族、民衆、詐欺師が入り乱れ、マリー・アントワネットの首飾りをめぐって事件が勃発。近づきつつあった革命の裏面をハンガリー人セルプが優雅に語る。アンタール・セルプリンツビヒラ 裕美978-4-7791-1357-4
アンタール・セルプ
(1901~1945)セゲト大学教授。作家。1934年『ハンガリー文学史』を発表。1941年『世界文学史』を刊行。文学書『ペンドラゴン伝説』(1934)および『月光の旅』(1937)が国際的に評価された。しかし、アンタールは西ハンガリーのバルフ捕虜収容所にて獄死(享年43)。20世紀最高のハンガリーの作家と賞賛されている。
リンツビヒラ 裕美
1939年、広島県生まれ。1961年、立教大学大学院修士課程入学。1962~64年、ドイツ・チューピンゲン大学に留学。1969年、立教大学大学院修士課程修了。1978年、ウィーン大学哲学科入学、社会経済史およびオーストリア史専攻。通訳・翻訳科在籍。1987年、哲学博士号取得。1990~1991年、オーストリア通商代表部勤務。現在、フリーの通訳および翻訳家。訳書等に『オーストリア史』(エーリヒ・ツェルナー著、リンツビヒラ裕美訳、彩流社、2000年)などがある。