イングランド国教会

イングランド国教会

包括と寛容の時代
青柳 かおり/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2008/2/27

書名カナ イングランドコッキョウカイ
判型/製本 A5/上製
ページ数 263
ISBN 978-4-7791-1329-1
Cコード 0022
完全な政教分離がなされていない現代イギリス社会において、未だ国教として存在し、重要な地位を保つイングランド国教会の原点を探る労作! 後期ステュアート朝期の国教会の宗教政策の検討と評価の見直しを通して、現代の国教会およびイギリス社会の理解の指針を示す。青柳 かおり978-4-7791-1329-1包括と寛容の時代
序 章
 第一節 問題の所在と研究史
 第二節 章別構成と史料
第一章 王政復古後のイングランド国教会
 第一節 騎士議会の方針
 第二節 信仰自由宣言への反対
第二章 ラティテューディナリアン
 第一節 穏健主義
 第二節 説教における包括
第三章 包括法案と寛容法案
 第一節 王位継承排除危機
 第二節 一六八〇年の包括法案
 第三節 包括法案・寛容法案をめぐる議論
第四章 名誉革命と宗教
 第一節 包括法案支持者の拡大
 第二節 寛容法の成立
 第三節 包括法案失敗後のイングランド国教会
第五章 一八世紀初期のイングランド国教会と審査法
 第一節 便宜的国教徒防止法案の審議
 第二節 防止法案支持派の勝利
 第三節 審査法の存続
終 章 ハノーヴァ朝初期のホイッグ政権と非国教徒
付 録
 一 一六八〇年の包括法案と寛容法案の審議に関与していたと考えられる庶民院議員
 二 一六八九年の包括法案と寛容法案の審議過程
 三 一七〇三年一二月一四日、便宜的国教徒防止法案の第二読会を行うか否かの主教の採決
 四 一七一八年一二月一九日、便宜的国教徒防止法廃止法案を委員会に付託するか否かの主教の採決
 五 三十九箇条
 六 宗教に関する法律の要旨
あとがき
主要参考文献
青柳 かおり
東京女子大学史学科卒業、立教大学文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員をへて、現在、東京国際大学人間社会学部ほか非常勤講師。専門、イギリス近代史。