韓国三人詩選

韓国三人詩選

金洙暎・金春洙・高銀
金 洙暎/著 、 金 春洙/著 、 高 銀/著 他
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2007/11/9

書名カナ カンコクサンニンシセン
判型/製本 四六/上製
ページ数 231
ISBN 978-4-7791-1312-3
Cコード 0097
独裁の暗い時代に芽吹きつつあった民主(あるいは民衆)詩人の魁となった金洙暎と金春洙。そして二人の後を受けた高銀は、民主化運動に身を投じ、韓国民主詩人の系譜を創り上げた。清冽な詩情とたくましい詩魂が表出する戦後の韓国を代表する詩人の傑作選集。金 洙暎金 春洙高 銀韓 龍茂鴻農 英二978-4-7791-1312-3金洙暎・金春洙・高銀
金 洙暎
1921年、ソウル生まれ。1945年、『芸術部落』誌に「朝廷の歌」を発表し、活動を始める。1949年、朴寅煥(パクインファン)らとともに詩集『新しい都市と市民たちの合唱』刊行。1959年、単独での処女詩集『月の国のいたずら』刊行。1968年、逝去。1974年以降、作品集・全集などが盛んに刊行される。1978年、『金洙暎詩集—巨大な根』(姜舜訳、梨花書房)。
金 春洙
1922年、慶尚南道統営(忠武)生まれ。1948年、詩集『雲と薔薇』刊行。1982年、『金春洙全集』(全2巻)など。1992年『韓国の現代文学6詩』(姜尚求訳、柏書房、一部翻訳)。2004年、逝去。