HAIKU(俳句)

HAIKU(俳句)

この別世界
リチャード・ライト/著 、 伯谷 嘉信/編 、 ロバート・L・テナー/編 他
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2007/7/10

書名カナ ハイク
判型/製本 四六/上製
ページ数 362
ISBN 978-4-7791-1272-0
Cコード 0097
『アメリカの息子』で高い評価を獲得したライトは、晩年はフランスで生活した。本書は晩年の鬱屈した心理状態と自身の文学遍歴を、「俳句」のリズムに込めて描いた異色の作品で、ライト研究に新たな光を当てると注目されている。リチャード・ライト伯谷 嘉信ロバート・L・テナー木内 徹渡邊 路子978-4-7791-1272-0この別世界
リチャード・ライト
1908年、米ミシシッピー州の田舎に生まれ、1960年に仏パリで死去。日本にも多くのファンを持つ、世界的に有名な黒人作家。訳された著作に『アメリカの息子』(橋本福夫、ハヤカワ文庫、1972)『アウトサイダー』(橋本福夫、新潮社、1972)『アメリカの飢え』(高橋正雄、講談社、1978)『アンクル・トムの子供たち』(皆河宗一、新潮社、1955、皆河宗一訳、晶文社、今日の文学、1970)『ひでえぜ今日は!』(古川博巳・絹笠清二訳、彩流社、2000)『異教のスペイン』(石塚秀雄訳、彩流社、2002)『失楽の孤独』(橋本福夫訳、新潮社、新鋭海外文学叢書 、1955)『白人よ聞け』(海保眞夫・鈴木主税訳、小川出版、1969)『八人の男』(赤松光雄・田島恒雄訳、晶文社、今日の文学5、1969)『ブラックボーイ -ある幼年期の記録』(野崎孝、岩波文庫)『続ブラック・ボーイ』(北村崇郎訳、研究社出版、1976)がある。
伯谷 嘉信
ケント州立大学英文学教授。