買い被られた名作

買い被られた名作

『嵐が丘』『白痴』『復活』『トニオ・クレエゲル』『狭き門』
岡田 量一/著
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2007/5/23

書名カナ カイカブラレタメイサク
判型/製本 四六/上製
ページ数 247
ISBN 978-4-7791-1263-8
Cコード 0098
名作の新たな読み方を平易に示す、もう一つの読書論! 本書はどんなに名作と言われている作品でも、さまざまな欠陥なり矛盾を孕んでいることを作品の読みを通して明らかにし、タブーに挑戦した読書論である。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】岡田 量一978-4-7791-1263-8『嵐が丘』『白痴』『復活』『トニオ・クレエゲル』『狭き門』
岡田 量一
1934年、東京に生まれる。東京大学卒業。都立商科短大を経て、1984年新潟大学教育学部教授。2000年、定年退職。米国文学専攻。著訳書に『ホーソーンの短編小説—文学・愛・実存』(岡田 量一 著、北星堂書店、1996)『愛を読む—近代小説の中のロマンスを訪ねて』(岡田 量一 著、思索社、1983)『ニューヨークバウアリー物語』 (スティーブン・クレイン著、岩月 精三・岡田 量一共訳、彩流社、1982)『ロミオとジュリエット』(William Shakespeare・David Hirokane・岡田量一共著・訳、日本英語教育協会、1984)などがある。