渦巻きは神であった

渦巻きは神であった

謎の古代文様
大谷 幸市/著
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2007/4/11

書名カナ ウズマキハカミデアッタ
判型/製本 A5/並製
ページ数 297
ISBN 978-4-7791-1251-5
Cコード 0021
①渦巻文 ②しめ縄状文様 ③円接正多角形をキーワードに、渦巻きの語る古代史の世界——。縄文土器の文様にメビウスの帯を見出し、人面舵身の伏羲・女媧図の謎を解明。銅鐸の文様・眼形構造からその謎に迫り、古代人の神観念に迫る。大谷 幸市978-4-7791-1251-5謎の古代文様
大谷 幸市
1943年名古屋に生まれ、少年期を渥美半島で過ごす。著書に『『古事記』に隠された幾何学』(三一書房 、1995/07)『古代渦巻文の謎』(三一書房 、1995/03)『国作り神話と大和三山—古代史を解く音と光』(大和書房 、1991/02)『実在した幻の三角形—邪馬台国・同時解明』(大和書房 、1987/09) 『古代史を解く三角形 』(中日出版社 、1982/03)などがある。『古代史の海』同人。「考古学文献を読む会」会員。