日本超古代地名解

日本超古代地名解

古川 純一/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2007/1/15

書名カナ ニホンチョウコダイチメイカイ
判型/製本 四六/上製
ページ数 504
ISBN 978-4-7791-1238-6
Cコード 0021
地名に隠された超古代の史実を解く!日本の地名の多くはアイヌ語とチベット語で解けた。全国の地名を約30年かけて徹底検証。「アイヌ沖縄上陸説」「天孫降臨」神話の真相など古代史の常識を覆す、驚くべき日本の原像に迫る!改訂版 【紙書籍在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】古川 純一978-4-7791-1238-6
古川 純一
1923年生まれ。横浜市在住。
戦時中海軍の研究所に勤務。この間航空ガソリンのオクタン価高上、電子顕微鏡、
レーダー無反応塗料等の研究に従事。16歳より登山を始める。
1944年(昭和19年)太刀洗航空隊に入隊
戦後1951年(昭和25年)横浜ベルニナ山岳会に入会
1958年 日本クライマーズクラブ(JCC)を創立
1959年 日本の超一流クライマー集団第二次RCCの創立に関わり、この同人となる。
1971年 第二次RCCが大人数となり、質の低下を問題とし奥山章と共に
第二次RCC以上の名クライマーの集団約15名で日本初の
「日本アルパインガイド協会」を当時33歳の橋本龍太郎氏を
代表として発足、現在に至る。 
戦後地名に関心を持ち、書物を集め1976年から記録をとり執筆を始める。
著書
『わが岩壁』(山と渓谷社)
『いのちの山』(二見書房)
『山岳事典』(山と渓谷社 分筆担当)
『「この山にねがいをこめて」谷川岳』(二見書房)
『日本のクラシックルート』(山と渓谷社 分筆) 
『日本超古代地名解』(彩流社、2004)
 その他、図書多数、山岳雑誌、記事ほか約60冊以上。