アカディアンの過去と現在

アカディアンの過去と現在

知られざるフランス語系カナダ人
市川 慎一/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2007/1/29

書名カナ アカディアンノカコトゲンザイ
判型/製本 四六/上製
ページ数 182
ISBN 978-4-7791-1231-7
Cコード 0022
本書は、ケベックを含む北米各地のフランス語の現状だけではなく、フランスからの最初の植民者[=アカディアン]が辿った歴史と現在にいたるまでの現実を、歴史的・文化的なコンテクストに位置づけ、文化人類学的に考察した論考。市川 慎一978-4-7791-1231-7知られざるフランス語系カナダ人
市川 慎一
1936年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。現在、早稲田大学文学部教授。十八世紀フランス思想・文学および比較文化専攻。慶応義塾大学文学部特別招聘教授、マドリッド・アウトノマ大学客員教授を歴任。主な著書に『アガグック物語—極北に生きる』(イヴ・テリオー著、藤井 史郎との共訳、彩流社、2006)『フランス語の手紙』(白水社、1982)『百科全書派の世界』(世界書院、1995)『百科全書』(ジャック・プルースト著、平岡 昇との共訳、岩波書店、1979)『フランス百科全書絵引き』(ジャック・プルースト著、共訳、平凡社)『十八世紀フランス思想—ヴォルテール、ディドロ、ルソー』(ダニエル モルネ著、遠藤 真人との共訳、大修館書店、1990)『フランス人の幕末維新』(M. ド・モージュほか著、榊原 直文との共訳、有隣堂、1996)『ジャン・ジャック・ルソー—政治思想と文学』(早稲田大学出版部、1993)『マネの生涯』(アンリ・ペリュショ著、河盛 好蔵との共訳、講談社、1983) 『Paris旅行会話&マナー』(市川 富子との共著、三修社、1992)、『啓蒙思想三態—ヴォルテール、ディドロ、ルソー』(新評論、近刊)ほか多数。