大人のぬり絵 鉄道の旅、花の風景

大人のぬり絵 鉄道の旅、花の風景

安田 就視/絵・文
通常価格
¥1,100
販売価格
¥1,100
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2006/11/20

書名カナ オトナノヌリエテツドウノタビハナノフウケイ
判型/製本 B5/並製
ページ数 63
ISBN 978-4-7791-1209-6
Cコード 0076
普通のぬり絵から一歩進んだ人へ、風景画の手ほどきを。写真家でもある著者が全国ローカル線と花の名所23箇所をピックアップ。描き方のコツを丁寧に解説。右脳への刺激、癒し効果抜群のぬり絵本。  【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】安田 就視978-4-7791-1209-6
安田 就視
1937年、香川県生まれ。日本画家の父の影響のもと絵に囲まれて育ち、漫画を習う。高校時代にカメラと出会い、さまざまな素材の撮影に没頭。1972年、蒸気機関車の写真を集大成した写真展をきっかけに、プロの写真家としての道を歩む。鉄道に関しては40年近く撮り続けていることになる。鉄道のほか日本の四季折々の風景、風物、伝統工芸などの撮影のため全国を駆け巡り、1年の半分近くは旅を住処としている。日本美術会会員、志木市美術協会会員。主な著作に
『みちのく慕情』(亀井千歩子との共著、彩流社、1986)『消えゆく鉄道車両図鑑—「絶滅危惧種」を探す旅』(岩谷 徹との共著、彩流社、2000)『消えゆく「国鉄特急」図鑑』(松本 典久との共著、彩流社、2001)『SLが走る名風景—日本全国77路線への旅』(松本 典久との共著、彩流社、2001)、『切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩  古地図ライブラリー別冊』(人文社編集部、わたなべ こういちとの共著、人文社、2002)『特別急行列車の旅 』(須田 寛、種村 直樹との共著、毎日新聞社、1994)『関東写真の旅—視界を満たす本当の風景に会う』(人文社、2001)『さよならローカル線33—なつかしのSL15景付き』(旅行読売出版社、1983)『おもいでのSL 西日本』(原田 勝正、種村 直樹との共著、彩流社、1992) 『おもいでのSL 東日本』(宮脇 俊三、種村 直樹、原田 勝正との共著、毎日新聞、1992)『中部写真の旅—視界を満たす本当の風景に会う』(人文社、2001)、『昭和鉄道情景 路面電車篇〈よみがえる! 昭和のあの街、あの電車が走っていた風景〉』(彩流社、2006)、カレンダー『日本の祭り』(新扇堂・全国カレンダー協会、毎年発行)など多数。