ソ連農業集団化の原点

ソ連農業集団化の原点

ソヴィエト体制とアメリカユダヤ人
高尾 千津子/著
通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2006/11/1

書名カナ ソレンノウギョウシュウダンカノゲンテン
判型/製本 A5/上製
ページ数 332
ISBN 978-4-7791-1207-2
Cコード 0022
後進ロシアでなぜ最先端の生産様式が実現したか? 米国のユダヤ人組織とソヴィエト政府を結びつけたのはユダヤ人入植地の再建であった。生産様式を一変させたエム・テ・エスの原型、トラクター利用の新方式導入と展開の全貌。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】高尾 千津子978-4-7791-1207-2ソヴィエト体制とアメリカユダヤ人
高尾 千津子
千葉県生まれ。現在、早稲田大学・中央大学非常勤講師。1992年、早稲田大学文学研究科西洋史専攻博士後期課程退学。2005年、早稲田大学より博士号取得。専攻は、ロシア・ソ連史・近現代ユダヤ史。共著に『旧ソ連の民族問題』(木鐸社、1993)『スラヴの民族』(弘文堂、1995)『ツァロートの道』(中央大学出版部、2002)など。訳書に『ソ連邦民族・言語問題の全史』(ボフダン・ナハイロほか著、田中克彦監修、共訳、明石書店、1993)がある。