ジャン・ジオノ紀行

ジャン・ジオノ紀行

南仏オート=プロヴァンスの人と自然
山本 省/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2006/7/20

書名カナ ジャンジオノキコウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 206
ISBN 978-4-7791-1175-4
Cコード 0026
作家はたった一本の木から物語を創った。地球規模で文明の限界が叫ばれている今、自然が残る地域での生活に価値を見出そうとした作家ジオノの試みが大きな意味を持つ。彼の文学的な足跡を考えることは極めて今日的な作業なのである。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】山本 省978-4-7791-1175-4南仏オート=プロヴァンスの人と自然
山本 省
信州大学農学部教授
1946年兵庫県生まれ。1969年京都大学文学部卒業。1974年京都大学大学院博士課程中退。南フランス文学研究(都会を嫌い、生涯南仏オート=プロヴァンスで個性的な作家活動を展開したジャン・ジオノの研究)。19世紀末から20世紀前半のフランス文学研究(ヴァレリー、デュ・ボス、ジッド、プルースト)。パスカル研究(パスカルを個別的に研究すると共に、フランス文学における神秘的なパスカル的要素と合理的なデカルト的要素についての研究)。著書に、『南仏オート=プロヴァンスの光と風』(彩流社、2004年)が、訳書に、アラン・ルヴィエ『オーケストラ』(白水社、1990年、共訳)、ジャン・ジオノ『世界の歌』(河出書房新社、2005年)、『喜びは永遠に残る』(河出書房新社、2001年)、シャルル・デュ・ボス 『近似値』(彩流社、1993年)等があり、本書と同時に詳細な解説と写真多数を付した新訳『木を植えた男』(ジャン・ジオノ著、彩流社)を刊行。