トランスカルチュラリズムと移動文学

トランスカルチュラリズムと移動文学

多元社会ケベックの移民と文学
真田 桂子/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2006/4/26

書名カナ トランスカルチュラリズムトイドウブンガク
判型/製本 四六/上製
ページ数 296
ISBN 978-4-7791-1158-7
Cコード 0098
ナショナリズムと多民族化のベクトルが交錯し、英仏二つの言葉がせめぎ合い、移民出自の言語と文化の“三角構造”が現出しているモントリオール。そうした横断文化的な状況下で、移民文学を超えた文学の地平「移動文学」の現状と展望。真田 桂子978-4-7791-1158-7多元社会ケベックの移民と文学
真田 桂子
大阪大学文学部卒、カナダ政府奨学生としてモントリオール大学大学院に留学。現在、阪南大学教授。訳書に『わが心の子らよ』(ガブリエル・ロワ著【シリーズ「カナダの文学」】、彩流社、1998)、『対訳フランス現代詩アンソロジー』(アンヌ・ストリューヴ=ドゥボー編、思潮社、2001。共訳:ケベックの詩人、アンヌ・エベール、ジャック・ブロー担当)が、共著に『グローバル化を読み解く88のキーワード』(西川長夫他編、平凡社、2003)がある。