東京拘置所 死刑囚物語

東京拘置所 死刑囚物語

獄中20年と死刑囚の仲間たち
澤地 和夫/著 、 加賀 乙彦/序文
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2006/3/24

書名カナ トウキョウコウチジョシケイシュウモノガタリ
判型/製本 四六/上製
ページ数 213
ISBN 978-4-7791-1148-8
Cコード 0036
元警視庁警部の死刑囚が「死刑」について語る希有な書/「『死刑囚物語』には、現代における拘置所の内部の限界状況における生活が、著者の軽やかな筆致で、ときとしてユーモラスに、ときとして悲惨に描き出されている」(加賀乙彦)澤地 和夫加賀 乙彦978-4-7791-1148-8獄中20年と死刑囚の仲間たち
目 次
★第1章 ただいま「再審請求中」
第2章 わが死生観と獄中座禅20年
第3章 東京拘置所の死刑囚の仲間たち(1)
第4章 東京拘置所の死刑囚の仲間たち(2)
死刑確定者一覧表
澤地 和夫
著者紹介
1939年、岡山県生まれ。
58年警視庁に入り、大森署勤務を経て機動隊に所属。デモの規制や首相官邸、国会警備、各国大使館等の警備にあたる。
80年、22年間勤めた警視庁を退官し、新宿西口で居酒屋を経営するが82年に閉店。多額の借金を背負う。
84年10月、借金返済ため宝石ブローカーと金融業者とを相次いで殺害し、11月23日、強盗殺人罪で逮捕される。87年10月、一審、89年3月、二審とも死刑判決を受ける。93年7月、当時の後藤田法相による3年ぶり、3人の死刑執行に抗議して上告を取り下げ、みずから死刑を確定させる。
2000年9月、人権派の弁護士の協力を得て再審を請求。2003年3月、第一次再審請求棄却。同年4月、東京高裁に即時抗告の申し立てをなし、06年3月現在に至る。

『殺意の時』『監獄日記』『拝啓 江副さん』(彩流社)の著書がある。
加賀 乙彦