東ヨーロッパ「ケルト」紀行

東ヨーロッパ「ケルト」紀行

アナトリアへの道を歩く
武部 好伸/著
通常価格
¥2,530
販売価格
¥2,530
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2005/8/4

書名カナ ヒガシヨーロッパケルトキコウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 279
ISBN 978-4-7791-1104-4
Cコード 0026
東へ向かった古代ケルト人を追って。東欧の旧社会主義国、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、セルビア・モンテネグロ、ルーマニア、ブルガリアを経て、ギリシア、トルコまで8カ国、5320キロにも及ぶ歴史探索紀行。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】武部 好伸978-4-7791-1104-4アナトリアへの道を歩く
武部 好伸
1954年、大阪市生まれ。エッセイスト。
大阪大学文学部美学科卒業。元読売新聞大阪本社記者。
ケルト文化に魅せられ、ケルト文化圏の国・地域への旅を続けている。
映画と洋酒にも造詣が深く、ユニークな執筆活動を展開中。
日本ペンクラブ会員。関西大学社会学部非常勤講師。
著書は
『ウィスキーはアイリッシュ〜ケルトの名酒を訪ねて』(淡交社)、
『シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち』(同)、
『ケルト映画紀行〜名作の舞台を訪ねて』(論創社)、
『ぜんぶ大阪の映画やねん』(平凡社)など。
シリーズとして
『スコットランド「ケルト」紀行〜ヘブリディーズ諸島を歩く』、
『スペイン「ケルト」紀行〜ガリシア地方を歩く』、
『北アイルランド「ケルト」紀行〜アルスターを歩く』、
『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行〜古代遺跡を歩く』、
『フランス「ケルト」紀行〜ブルターニュを歩く』、
『ウェールズ「ケルト」紀行〜カンブリアを歩く』を
 (彩流社)から出している。