エヴァンゲリオン極限心理分析

エヴァンゲリオン極限心理分析

速水 栄/編著 、 竹島 由起/著 、 亀岡 秀人/著 他
通常価格
¥1,650
販売価格
¥1,650
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2010/8/17

書名カナ エヴァンゲリオンキョクゲンシンリブンセキ
判型/製本 四六/並製
ページ数 214
ISBN 978-4-7791-1078-8
Cコード 0095
『新世紀エヴァンゲリオン』というアニメに登場する架空の人物たちの精神世界を分析・検証を試みる。『エヴァ』の誕生から今日まで、作品のチルドレンたち、そして、現実世界の子どもたちの心理をめぐる状況は?作品に時代の病理を読む。 「逃げちゃだめだ」の心理とは? 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】速水 栄竹島 由起亀岡 秀人高木 真明渋谷 和宏山崎 祥之978-4-7791-1078-8
第一部 新世紀の精神病理
★綾波レイ――「コタール症候群」思春期の女性(14歳)に発症したきわめて特異な例
★惣流・アスカ・ラングレー――「思春期性うつ病」大卒のエリート意識がくずれ、異国で発症
★葛城ミサト――「“嵐の乙女”シンドローム」恋人の死で歯止めがきかなくなる高学歴美人の暴力
★赤木リツコ――「自己敗北性人格障害」「綾波レイのダミー」破壊行為に走らせた母子関係
★碇シンジ――「アダルトチルドレン」「境界例人格」精神病理の培養器
★碇ゲンドウ――「現実不全感」「洗浄強迫」独裁者の妄想的執着

第二部 新世紀をとりまく社会・組織の病理
★精神を変容させる組織の圧力
★軍事集団における人間心理 ……ほか
速水 栄
メタフィクション作家、編集者。著書『ウルトラマン研究序説』『ゴジラ生物学序説』他多数。
竹島 由起
ライター。心理学、医療・健康分野を中心に執筆。竹島ぽてちのペンネームでコラムも書くほか、『おやつ処方箋』の著書も。