泣ける太宰 笑える太宰

泣ける太宰 笑える太宰

太宰治アンソロジー
宝泉 薫/編
通常価格
¥1,430
販売価格
¥1,430
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2009/5/21

書名カナ ナケルダザイ ワラエルダザイ
判型/製本 A5/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-7791-1047-4
Cコード 0393
名作選ではなじみの薄い、小説を読む喜びを十二分に堪能できる佳作を厳選。邪魔にならないリード・解説がついて、作品のアンソロジーと読本の良さをいいとこ取り。毒づく太宰、祈る太宰など「いわゆる太宰」ではない魅力が満載。【絶版】宝泉 薫978-4-7791-1047-4太宰治アンソロジーオフサイド・ブックス
▼Part1 泣ける太宰……『燈篭』 『黄金風景』 『眉山』 『メリイクリスマス』 『津軽』 他……思わずぐっとくる佳作をセレクト。笑って、泣いて、もあります。
▼Part2 笑える太宰……『親友交歓』 『カチカチ山』 『畜犬談』 『美少女』 他……意外に知られていない、この類稀なる笑いのセンス!
▼Part3 毒づく太宰……『川端康成へ』 『家庭の幸福』 『如是我聞』 『HUMAN LOST』 他……志賀直哉、川端康成、偉そうな奴との喧嘩は太宰に習え。
▼Part4 祈る太宰……『トカトントン』 『人間失格』 『竹青』 『待つ』 他……元気と希望を与える太宰。小説の技法にも長けた太宰の魅力も。
宝泉 薫
近刊オフサイド・ブックス『昭和歌謡 勝手にベストテン』も好調。ミニコミ『よい子の歌謡曲』発行人を経て著述業。宝島社『音楽誌が書かないJポップ批評』、東京スポーツの「一発屋」連載、彩流社「一発屋シリーズ」など多方面で活躍。音楽、野球、文学、心理とそのカバーする領域は驚くほど広い。