定本 沖縄戦

定本 沖縄戦

地上戦の実相
柏木 俊道/著
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/6/20

書名カナ テイホン オキナワセン
判型/製本 A5/上製
ページ数 278
ISBN 978-4-7791-1797-8
Cコード 0020
66年間の沖縄戦の研究成果(公式戦記、個人戦記、市民手記、同聞き書き、評論・研究書等)を一冊に取り入れた定本は今までなかった! 県民・アメリカ・日本軍の三者の視点で描く最新版の入門書。  柏木 俊道978-4-7791-1797-8地上戦の実相
Ⅰ 沖縄まで ―― 連合軍の反攻と沖縄の迎撃作戦
(1)沖縄へ 
[ガダルカナル][マリアナ、フィリピンの陥落][氷山作戦]  
(2)大本営の沖縄作戦 
[第32軍の配備][大元帥と沖縄作戦] 
(3)第32軍編成される 
[第32軍の戦闘準備] 
(4)市民の戦争準備 
[航空基地建設][陣地構築][疎 開][第32軍司令官訓示][10・10][市民の徴兵] 
(5)天1号作戦  
[全軍特攻][九州沖航空戦] 
Ⅱ 上 陸 ―― 圧倒的な物量の差
(1)上陸迫る 
[上陸準備攻撃][海上挺身戦隊][海上特攻兵器の沖縄戦] 
(2)上陸日はイースターサンディ 
(3)沖縄を分断 
(4)飛行場を奪還せよ 
(5)市民の戦争 
[読谷山村][北谷村][中城村][美里村・越来村] 
Ⅲ 北部の戦い ―― アメリカ軍の初戦制圧 
(1)八重岳の戦い 
(2)遊撃隊の戦闘 
(3)伊江島侵攻 
(4)市民の戦い 
[名護・本部][恩納村] 
(5)伊江島の市民兵たち 
Ⅳ 首里フロントの戦い ―― 嘉数高地からシュガーローフへ
(1)嘉数高地の戦い 
(2)前田高地の争奪戦 
(3)日本軍の総反攻作戦 
(4)シュガーローフの戦い 
(5)運玉森 
(6)烈空挺隊 
(7)頭郡市民の戦争 
[宜野湾村][中城村][浦添村][西原村][首里市][真和志村] 
Ⅴ 首里撤退 ―― 最後の一兵まで 
(1)撤退作戦 
(2)負傷者の“処分” 
(3)官(県庁)の戦い 
(4)島尻市民の戦争 1 
[南風原村][豊見城村][佐敷村][知念村] 
Ⅵ 摩文仁の丘 ―― 掃討戦と市民の犠牲 
(1)新布陣 
(2)海軍の撤退 
(3)第32軍司令部の最期 
(4)最期の沖縄 
(5)島尻市民の戦争2 
[東風平町][玉城村][具志頭村][糸満町][兼城村][高嶺村][真壁村][喜屋武村][摩文仁村] 
Ⅶ 自決と虐殺 ―― 軍が守ったもの 
(1)「集団自決」 
[渡嘉敷島][座間味島][阿嘉島・慶留間島][伊江島][読谷山村][南部] 
(2)日本軍の住民虐殺 
[久米島][国 頭][伊江島][中 頭][島 尻][八重山]    
地上戦の実相――あとがきにかえて 
参考文献 
1945年沖縄戦年表 
沖縄戦ブックリスト 
柏木 俊道
1945年生まれ。
1969年北海道大学卒業。
1969年より東京で出版編集に従事。
1990年この頃より、沖縄戦に関する資料を収集。
2005年沖縄県に移転、本格的に市町村史等の資料収集を開始。
2012年逝去。