僕がゲイで良かったこと

  • 僕がゲイで良かったこと 第5回

    第5回 僕がゲイであること①   平良 愛香    前回、性自認について書いてみた。「私はどうして自分を男だと思っているのだろう」「私はどうして自分を女だと思っているのだろう」。考えてみたかたはおられるでしょうか? 僕の場合、答えはこれです。「分からない。ただ何故か、自分は男だと実感する!」 ...
  • 僕がゲイで良かったこと 第4回

    第4回 僕がゲイであること①   平良 愛香      多分1回では書ききれないだろうと思う。ただ男性が好きだというだけの話ではないから。ゲイであるためには、男の人が好きであるのと同時に、自分も男性であるという自覚が必要だから。ではなぜ僕は自分を男性だと自覚しているのか? 男性器があるから? ...
  • 僕がゲイで良かったこと 第3回

    第3回 「脱アイデンティティ?」 平良愛香  前回アイデンティティについて書いた。アイデンティティとは、自分を構成している様々な要素の中で、「これを削ったら自分ではなくなる」と感じる要素だ、と。僕にとっては自分を確かめるためにとても意味のある言葉だと言える。けれどあえて、今回は逆のことを書いて...
  • 僕がゲイで良かったこと 第2回

    第2回 「僕の3つのアイデンティティ」   平良 愛香   「僕の3つのアイデンティティ」という話をすることがある。アイデンティティとは自己同一性と訳されるけど、なんだかよく分からない。僕自身は「自分を構成するさまざまな事柄の中で、これを除いたら僕じゃなくなるかも」と感じるモノをアイデンティテ...
  • 僕がゲイで良かったこと 第1回

    第1回 「あんた嫌い、でも愛してる」 平良 愛香  ある雑誌に「わたしの幸せ」というリレー連載がある。いろいろな人が「わたしにとって幸せとは」ということをユニークに述べている。それを読みながら、「僕にとって幸せって何だろう」と改めて考えてみた。というか、いつも考えていて、ある程度答えが出ている...