第二次世界大戦におけるカナダ軍の戦いカナダの旗の下で

カナダの旗の下で 第二次世界大戦におけるカナダ軍の戦い

デイヴィッド・J・バーカソン 著, 池内 光久 訳, 立川 京一 訳
A5判 / 405ページ / 上製
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-88202-829-1(4-88202-829-8) C0022
奥付の初版発行年月:2003年08月 / 書店発売日:2003年08月27日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

“戦後の国際社会での地位を高め、国民国家としての形を整えることになった“知られざる”カナダ軍の戦い!  開戦当初、僅かの民兵組織と時代遅れの装備にもかかわらず英国を助け、米国参戦前の危機的な時期に枢軸国に立ち向かったカナダは、英連邦航空兵訓練計画への積極的参加、大西洋における対Uボート作戦、香港防衛などの対日戦、対独爆撃、ヨーロッパ戦線への派兵 ──悲劇に終わったディエップ進攻、シチリア島攻略とイタリア戦線、ノルマンディ上陸およびオランダ解放作戦 ──の他、連合諸国に対する物的人的支援を推進した。人口1200万弱ながら最大20数万、延べ110万の大軍を派兵した。日本との戦闘は、香港の攻防以外にはないが、濃霧に紛れて日本軍が撤退したキスカ島攻略部隊の中に約5000名のカナダ軍将兵がいたことを知る人は少ない。その意味では、本書は歴史の闇に埋もれていた事実にも光を当てている。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

デイヴィッド・J・バーカソン(バーカソン,デイヴィッド・D.)

カルガリー大学・大学院部長で歴史学部教授であり、カナダにおける現代戦史の第一人者。

池内 光久(イケウチ ミツヒサ)

著書 『カナダ・ライフ』(彩流社1993)、
『1980年代のカナダ損害保険市場』(損害保険研究、第52巻第2号、1990)
訳書 『第三帝国の社会史』(リヒアルト・グルンベルガー原著、彩流社、2000)

立川 京一(タチカワ キョウイチ)

防衛庁防衛研究所戦史部主任研究官、上智大学非常勤講師
著書 『第二次世界大戦とフランス領インドシナ——「日仏協力」の研究——』(彩流社、2000)
訳書 『アジアにおける冷戦の起源——アメリカの対日占領——』(マイケル・シャラー原著、五味俊樹監訳、木鐸社、1996)

関連書

ページの上部へ▲