暴力性の由来村上春樹とアメリカ

村上春樹とアメリカ 暴力性の由来

吉田 春生 著
四六判 / 236ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-88202-709-6(4-88202-709-7) C0095
奥付の初版発行年月:2001年06月 / 書店発売日:2001年06月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

 村上春樹はレイモンド・カーヴァーをはじめとして、多くのアメリカ人作家の翻訳家としても知られている。しかしながら、これまでそれが村上にとってどういう意味を持っているかについて、まとまった形で論じられることはなかった。……本書は、今、問題となっている「暴力性の由来」について、アメリカ小説はどのような影響を村上文学に与えたのかを探った初の評論である。

目次

 第1章 都市の架空性を生きる—レイモンド・チャンドラー
 第2章 反面教師としのフィッツジェラルド
 第3章 記号としての暴力性—ジョン・アーヴィング
 第4章 暴力性の由来—レイモンド・カーヴァーの受容
 第5章 旅する村上春樹
 第6章 暴力性を突破する—ティム・オブライエン再考
 終章 回帰する村上春樹

関連書

タグ:村上春樹

ページの上部へ▲

タグ: