コケイロ・女・ゲリラ・熱帯雨林熟年事件記者のコロンビア

熟年事件記者のコロンビア コケイロ・女・ゲリラ・熱帯雨林

津崎 至 著
四六判 / 225ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-88202-566-5(4-88202-566-3) C0036
奥付の初版発行年月:2000年04月 / 書店発売日:2000年04月04日
1800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

70歳を越えて、なお現役——。日本経済新聞の社会部記者として活躍した著者のコカイン精製基地潜入記。旅行の自粛勧告が出ている国コロンビアへの旅。ラテン女性に憧れ、コカイン・マフィアにわたりをつけて、熱帯雨林の中へ……。——戸籍年齢から、老人扱いになった。日々、茫々・欝々……。そんなある日、コロンビア行きの話を囁かれた「コカインとエメラルド、ゲリラ、そしてラテン女。このカオスの国の奥地には、いま一つの宇宙・熱帯雨林がある」とのそそのかしである。「好奇心は、生きていることの証しである。女性に、目が向かなくなれば、老いがある」なぁんて、吐かしながらの昨今だが、コンチクショウ! あえて、冒険とロマン、生の探検——未知の世界を訪ねる旅に出た……。「人生、チャレンジじゃないか!」。白い輝きのコカインの精製基地。ゲリラの点描。凸凹のすてきなラテン女などなど。(「あとがき」より)

関連書

ページの上部へ▲