旧満洲国貨幣研究

旧満洲国貨幣研究

李 重 著
A4 / 134ページ / 上製
定価:15,000円 + 税
ISBN978-4-7791-9028-5 C0636
奥付の初版発行年月:2009年09月 / 書店発売日:2009年09月15日
15000円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

1932年から1945年まで、満洲中央銀行が発行したすべての貨幣(試作、見本票含む)を原寸大、原色で再現。版数、様式など詳細データを漏らさず紹介し、各種法令の公文書、偽公文書、宝くじ券、公債、など関連資料の現物もすべて原色で収載。
初公開を含む200点以上もの貴重な資料のほか、研究、収蔵のための貨幣収集難易度ランク、評価表により、満州貨幣の全容を把握できる稀有な書。
満洲国の貨幣を全面的かつ系統的に研究整理した本書は金融史、歴史文化、デザイン芸術の研究にも資する一級の資料といえる。
発行:月刊キュリオマガジン出版部(フジインターナショナルミント株式会社) 編集:田 明哲/長谷川 怜 構成:寧 雅南/許 蓮華

著者プロフィール

李 重(リ ジュウ)

1959年生まれ。大学卒業後、中国人民銀行長春センター支店勤務。長春市貨幣学会理事。
貨幣の収集に深い造詣をもつ。収集物の個展、多数の博覧会に参加。「長春金融」「都市夕刊」などに多くの論文を発表。

目次

第一章 満洲中央銀行の概略 
第二章 満洲国の貨幣要約 
第三章 満洲国貨幣の種類 
 一 満洲中央銀行券の一覧表 
 二 満洲国流通貨幣の一覧表 
第四章満洲中央銀行の流通券 
 一 満洲中央銀行改造券 
 二 満洲中央銀行甲号券  
 三 満洲中央銀行乙号券 
 四 満洲中央銀行丙号券 
 五 満洲中央銀行丙改券 
 六 満洲中央銀行丁号券 
第五章 満洲中央銀行見本券 
第六章 満洲国流通硬貨 
 一 青銅硬貨 
 二 白銅硬貨 
 三 アルミ硬貨 
 四 軽量化された小型新版アルミ硬貨 
 五 マグネシウム硬貨(銅紙幣) 
 六 康徳九年壱角アルミ製見本硬貨と壱角銅製見本硬貨
 七 小型軽量化された新版五分アルミ硬貨の試鋳品 
 八 満洲国末期のセラミック製陶貨試製品 
第七章満洲中央銀行の貨幣発行量および発行予定額 
第八章満洲国の稀少紙幣 

附録 
 一 満洲国貨幣法 
 二 満洲国中央銀行法 
 三 満洲中央銀行古林分行配布の見本祭文書原本 
 四 満洲中央銀行の小切手 
 五 日本が満洲中央銀行を通じて在外地の権益を運用した例 
 六 満洲中央銀行発行の貯蓄票、彩票、奨券、公債 
 七 満洲国政府が束三省の官銀号に送付した借款契約取消文書
 八 満洲中央銀行の本店・支店・分店、事務所の分布 
 九 満洲中央銀行開業後の関連布告 
 十 満洲中央銀行の歴代総裁・副総裁の略歴 
年号対照表  
日本語版特別資料

関連書

ページの上部へ▲