ユダヤ系文学の源泉と空間ジューイッシュ・コミュニティ(仮)

ジューイッシュ・コミュニティ(仮) ユダヤ系文学の源泉と空間 Jewish Community

広瀬 佳司 編, 伊達 雅彦 編
四六判 / 240ページ / 上製
定価:2,400円 + 税
ISBN978-4-7791-2705-2 C0098
奥付の初版発行年月:2020年11月 / 書店発売日:2020年11月24日
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

ユダヤ系文学研究者9人が解き明かす、芸術作品に描かれる
ユダヤ人コミュニティの姿!
ユダヤ系アメリカ文学作品のみならず映像作品まで含めて、
決して一般化できない、多種多様なユダヤ人コミュニティ
(= ジューイッシュ・コミュニティ)の表象を切り出す、新視点の論集。

【本書が取り扱う小説・映像作品】

[小説作品]
「開いた鳥かご」(アンジア・イージアスカ)、
『奴隷』『メシュガー』(アイザック・バシェヴィス・シンガー)、
「最後のモヒカン族」「引き出しの中の男」(バーナード・マラマッド)、
「狂信者イーライ」(フィリップ・ロス)、
『ホロコーストの子供たち』(ヘレン・エプスタイン)、
『ブルックリン・フォリーズ』(ポール・オースター)

[映像作品]
『しあわせ色のルビー』、『ロニートとエスティ──彼女たちの選択』、
『わが心のボルチモア』、『リバティ・ハイツ』、『ダイナー』、
『ティンメン』

「あの作品」の「あの描写」の意味が分かる!かも?
作品背景を知って、読み(観)たくなる作品がきっとある……
すでに知っている作品でも読み(観)返したくなる!?

著者プロフィール

広瀬 佳司(ヒロセ ヨシジ)

ひろせ・よしじ
栃木県生まれ。ノートルダム清心女子大学教授(文学博士)。
1991年、「『雪片曲線』への冒険」で第25回・関西文学賞受賞。
1998年、第一回日本マラマッド協会賞学術部門受賞。
著書に
『アウトサイダーを求めて I・B・シンガーの世界』
(旺史社、1991年)、
『ユダヤ文学の巨匠たち シュレミールの批評精神』
(関西書院、1993年)、
『The symbolic meaning of Yiddish
 ―A study of the brotherss』(大阪教育図書、2002年)、
『Shadows of Yiddish on modern Jewish Amer
 ―Isaac Bashevis Singer,Hen』(大阪教育図書、2005年)、
『Yiddish Tradition and Innovation in
 Modern Jewish American Writers』(大阪教育図書、2011年)、
『ユダヤ世界に魅せられて』
(彩流社、2015年、「増補版」2019年、「増補新版」2020年)など、
共編著書に
『越境・周縁・ディアスポラ  三つのアメリカ文学』
 松本昇・吉田美津・吉岡志津世・広瀬佳司・桧原美恵 編、
 南雲堂フェニックス、2005年)、
『ユダヤ系文学の歴史と現在  女性作家、男性作家の
 視点から』(広瀬佳司 編、大阪教育図書、2009年)、
『笑いとユーモアのユダヤ文学』(広瀬佳司・
 大場昌子・佐川和茂 編著、南雲堂、2012年)、
『ユダヤ系文学に見る教育の光と影』(広瀬佳司・
 伊達雅彦・佐川和茂 編著、大阪教育図書、2014年)、
『ユダヤ系文学と「結婚」』(広瀬佳司・
 佐川和茂・伊達雅彦 編著、彩流社、2015年)、
『ホロコーストとユーモア精神』(広瀬佳司・
 佐川和茂・伊達雅彦 編著、彩流社、2016年)、
『ユダヤ系文学に見る聖と俗』
(広瀬佳司・伊達雅彦 編著、彩流社、2017年)、
『ユダヤの記憶と伝統』
(広瀬佳司、伊達雅彦 編著、彩流社、2019年)など、
訳書等に
『わが父アイザック・B・シンガー』(イスラエル・ザミラ著、
 広瀬佳司 訳、旺史社、1999年)
『ヴィリー』(イズラエル・ジョシュア・シンガー著、
 広瀬佳司 訳、大阪教育図書、2007年)
『新イディッシュ語の喜び』(レオ・ロステン著、
 広瀬佳司 監修、日本ユダヤ系作家研究会 企画、
 大阪教育図書、2013年)など。

伊達 雅彦(ダテ マサヒコ)

だて・まさひこ
尚美学園大学教授。
共編著、執筆書に
『ゴーレムの表象  ユダヤ文学・アニメ・映像』
(大場昌子・坂野明子・伊達雅彦・佐川和茂 編著、
 南雲堂、2013年)、
『ユダヤ系文学に見る教育の光と影』(広瀬佳司・
 伊達雅彦・佐川和茂 編著、大阪教育図書、2014年)、
『ユダヤ系文学と「結婚」』(広瀬佳司・
 佐川和茂・伊達雅彦 編著、彩流社、2015年)、
『ホロコーストとユーモア精神』(広瀬佳司・
 佐川和茂・伊達雅彦 編著、彩流社、2016年)、
『ユダヤ系文学に見る聖と俗』
(広瀬佳司・伊達雅彦 編著、彩流社、2017年)、
『衣装が語るアメリカ文学』(西垣内磨留美・山本伸・
 馬場聡 編著、金星堂、2017年)、
『ホロコースト表象の新しい潮流 
 ユダヤ系アメリカ文学と映画をめぐって』
(佐川和茂・坂野明子・大場昌子・伊達雅彦 編著、
 彩流社、2018年)、
『ユダヤの記憶と伝統』
(広瀬佳司、伊達雅彦 編著、彩流社、2019年)、
『ソール・ベローともう一人の作家』
(日本ソール・ベロー協会 編、彩流社、2019年)など。


【執筆者略歴】
広瀬佳司
(ひろせ よしじ。ノートルダム清心女子大学教授。文学博士。編者)、
伊達雅彦
(だて まさひこ。尚美学園大学教授。編者)、
江原雅江
(えばら まさえ。倉敷芸術科学大学教授)、
今井真樹子
(いまい まきこ。ノートルダム清心女子大学非常勤講師)、
鈴木久博
(すずき ひさひろ。沼津工業専門学校教授)、
杉澤伶維子
(すぎさわ れいこ。関西外国語大学教授)、
佐川和茂
(さがわ かずしげ。青山学院大学名誉教授)、
内山加奈枝
(うちやま かなえ。日本女子大学准教授)、
中村善雄
(なかむら よしお。京都女子大学准教授)。

関連書

ページの上部へ▲