ある旅の記録遠い記憶 遠い国

遠い記憶 遠い国 ある旅の記録

金成 陽一 著
四六判 / 256ページ / 並製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2690-1 C0026
奥付の初版発行年月:2020年06月 / 書店発売日:2020年06月12日
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「グリム童話」研究者による、
これまで訪れた外国での特徴ある人びととの出会い、
様々な「出来事」をまとめた紀行文。

著者プロフィール

金成 陽一(カナリヨウイチ)

かなり・よういち KANARI Yoichi
順調にいくと令和30年、めでたく満100歳を迎えます。
子供のころの夢は「月よりの使者・月光仮面」になること。
しかし、むかし訪れたカルカッタで、頭に白いターバンを巻き
サングラスをかけて、白い小型バイクにまたがるマスク姿の
たくさんのオヤジたちを目撃した時、夢は儚く消えていきました。
獨協高校、獨協大学外国語学部を経て日本大学大学院独文博士課程
満期退学。尚美音楽短期大学専任講師・いわき明星大学人文学部
日本文学科教授・ポップカルチャー学会会長・獨協大学、
中央大学兼任講師、等歴任。現在はすべて引退し、
大妻女子大学・日本大学非常勤講師。
主な著書に
『おとなのグリム童話 あまり知られていなかった作品を読む』
(彩流社、2017年)、
『まだあるグリムの怖い話 「グリム・ドイツ伝説集」を読む』
(東京堂出版、2012年)、
『エロチックメルヘン3000年』(講談社、2008年)、
『グリム残酷童話』(講談社+α文庫、講談社、2001年)、
『グリム童話のなかのぞっとする話』(大和書房、1999年)、
『グリム童話のなかの愛と試練 メルヘンにひそむヨハネ伝説』
(弥生書房、1998年)、
『ドイツ・メルヘンのひそむ街で』(大和書房、1997年)、
『「赤ずきん」はなぜ愛くるしいか』
(ハヤカワNF文庫、早川書房、1996年)、
『グリム童話のなかの呪われた話』(大和書房、1996年)、
『グリム童話のなかの怖い話』(大和書房、1994年)、
『誰が「ねむり姫」を救ったか』(大和書房、1993年)、
『誰が「白雪姫」を誘惑したか』(大和書房、1991年)、
『誰が「赤ずきん」を解放したか』(大和書房、1989年)、
『あなたのドイツ語 授業のための文法講義ノート』
(佐々木稔との共著、大学書林、1985年)等がある。

目次

(1) 幻想の都
(2) ある日、微笑みの国で
(3) 夢紀行ギリシャ
(4) インドの夢
(5) トレイン・トリップ、オーストラリア
(6) ビバ・メヒコ、革命記念日の頃
(7) 遠い記憶、ヴォルプスヴェーデ村で
(8) メルヘン街道、ハイルマン夫妻の思い出
(9) イギリスの片田舎で、ジェームス・ロイド・カーとの日々
(10) 北京からタイへ
(11) 中国旅行
(12) 白い日々の彼方に
(13) 白夜の頃、オタワで

関連書

ページの上部へ▲