アフリカに無国籍レストランを作った男ちょっとケニアに行ってくる

ちょっとケニアに行ってくる アフリカに無国籍レストランを作った男

池田 正夫 著
四六判 / 272ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2689-5 C0026
奥付の初版発行年月:2020年08月 / 書店発売日:2020年08月25日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

大胆不敵、無謀、無計画!

「日本を飛び出し海外に行きたい!」という思いだけで
フランスに渡り料理人になった男が、
40年以上、ほぼ帰国せず世界を飛び回った汗と笑いの奮闘記。

ヨーロッパ、アフリカ各地を旅し、最終的にはケニアにレストランを
作り現地の女性と結婚。客は大統領や国連職員から兵士、他店のスパイ、
詐欺師まで。さて、今日のメニューは?

前書きなど


『ちょっとケニアに行ってくる』ためし読みはこちら!

著者プロフィール

池田 正夫(イケダマサオ)

いけだ・まさお
フュージョン料理研究家。
1944年、浜松生まれ。中学卒業と同時に上京し、芝大門の精養軒、
麻布鳥居坂の国際文化会館でフランス料理のコック修業を始める。
1968年、渡仏。語学学校に通いながらパリのラセーヌをはじめ、
南仏のホテルなどで腕を磨く。ヨーロッパ各地のホテルのレストランで
働いているときに聞いた同僚の話に魅せられ、アフリカに渡る。
ケニア・スワヒリ語学院(通称星野学院)でスワヒリ語を学んだ後、
アフリカ各国のホテルやプラントで料理人として働く。
ヨーロッパ・アフリカで訪問した国は20カ国あまりにものぼる。
1996年、ケニアにフランス料理店「シェ・ラミ(友だちの家)」
を開店。日本料理・仏料理・アフリカ料理を組み合わせた
フュージョン料理(無国籍料理)で人気を博す。
2009年、ケニア内乱のために営業不可能となり閉店、帰国。
現在もコックとして活躍中。ケニア人の妻と子がある。

関連書

ページの上部へ▲