サークル・ゲーム

サークル・ゲーム The Circle Game

マーガレット・アトウッド 著, 出口 菜摘 訳
四六判 / 182ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2683-3 C0098
奥付の初版発行年月:2020年05月 / 書店発売日:2020年05月14日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

作家・松田青子さん推薦!

現代カナダ文学を代表する作家、
マーガレット・アトウッドの知られざるデビュー作、本邦初訳。

不穏な空気に包まれた28篇の詩集。

フェミニズム、環境問題等、アトウッドの全作品に共通するテーマがすでに現われている、注目作。

この恍惚とした回転が喜びだと
誤解していたのかもしれない
でも、そこになんの喜びもない──(表題作「サークル・ゲーム」より)

前書きなど


『サークル・ゲーム』ためし読みはこちら!

版元から一言


『サークル・ゲーム』ためし読みはこちら!

著者プロフィール

マーガレット・アトウッド(マーガレットアトウッド)

Margaret Atwood.
1939年、カナダ、オタワ生まれ。
1966年に本作『サークル・ゲーム』でデビューし、
カナダ総督文学賞を受賞。『侍女の物語』(1985)で
カナダ総督文学賞とアーサー・C・クラーク賞、
『寝盗る女』(1994)でコモンウェルス作家賞、
『昏き目の暗殺者』(2000)でブッカー賞とダシール・ハメット賞を
受賞。また『侍女の物語』の続編であるThe Testamentsは
2019年にアトウッドにとって2度目となるブッカー賞を受賞。
邦訳書に
『洪水の年 上・下』(佐藤アヤ子訳、岩波書店、2018年)、
『テント』(中島恵子・池村彰子 訳、英光社、2017年)、
『キャッツ・アイ』(松田雅子、松田寿一、柴田千秋訳、
 開文社出版、2016年)、
『負債と報い――豊かさの影』(佐藤アヤ子訳、岩波書店、2012年)、
『死者との交渉―作家と著作』(中島恵子訳、英光社、2011年)、
『オリクスとクレイク』(畔柳和代訳、早川書房、2010年)、
『またの名をグレイス 上・下』(佐藤アヤ子訳、岩波書店、2008年、
 岩波現代文庫、2018年)、
『ペネロピアド(THE MYTHS)』(鴻巣友季子訳、角川書店、2005年)、
『良い骨たち+簡單な殺人』(中島恵子訳、北星堂書店、2005年)、
『カンバセーション アトウッドの文学作法』
(加藤裕佳子訳、松籟社、2005年)、
『ほんとうの物語』(内田能嗣 訳、多湖正紀・山本紀美子 共著、
 大阪教育図書、2005年)、
『昏き目の暗殺者』(鴻巣友季子訳、早川書房、2002年、
 ハヤカワepi文庫:上・下巻、早川書房、2019年)、
『闇の殺人ゲーム』(中島恵子訳、北星堂書店、2002年)、
『寝盗る女 上・下』(佐藤アヤ子・中島裕美 共訳、彩流社、
 2001年)、
『マーガレット・アトウッド短編集』
(Alan Turney編、久慈美貴 注釈、ロングマン・ジャパン、
 1998年)、
『食べられる女』(大浦暁生訳、新潮社、1996年)、
『サバィバル』(加藤裕佳子訳、御茶の水書房、1995年)、
『Sudden fiction (2)』(「ハッピー・エンド」 Happy Endings 収録。
 ロバート・シャパード 著、ジェームズ・トーマス 訳、柴田元幸 著、
 文芸春秋(文春文庫)、1994年)、
『ファミリー・ポートレイト—記憶の扉をひらく一枚の写真』
(「偉大なる叔母たち」 Great Aunts収録。キャロリン アンソニー編、
 松岡和子・前沢浩子訳、早川書房、1994年)、
『浮かびあがる』(大島かおり訳、新水社、1993年)、
『青ひげの卵』(小川芳範訳、筑摩書房、1993年)、
『スザナ・ムーディーの日記』(平林美都子 他訳、国文社、1992年)、
『侍女の物語』(斎藤英治訳、新潮社、1990年→ハヤカワepi文庫
(早川書房)2001年)、
『ダンシング・ガールズ マーガレット・アトウッド短編集』
(岸本佐知子訳、白水社、1989年)、
『描かれた女性たち 現代女性作家の短篇小説集(SWITCH LIBRARY)』
(「急流を下る」 The Whirlpool Rapids収録。
 マーガレット・アトウッド・アリス マンロー・アン ビーティ 他著、
 岸本佐知子 他訳、Switch編集部編、スイッチ・コーポレーション、
 1989年)などがある。

出口 菜摘(デグチナツミ)

でぐち・なつみ
京都府立大学文学部教授、専門は英米詩。
共著に
『反知性の帝国──アメリカ・文学・精神史』
(南雲堂、2008年)や
『モダンにしてアンチモダン──T. S. エリオットの肖像』
(研究社、2010年)など。
アトウッドの作品については、
論文「被写体からの呼びかけ──Margaret Atwoodの写真の詩学」
(日本カナダ文学会、2019年)。

目次

これはわたしの写真
洪水のあと、わたしたちは
メッセンジャー
夕暮の駅、出発まえの
チェス・プロブレムを解こうとして
わたしの峡谷で
カーペットに潜る
トランプ遊び
フックの男
都市設計者
路のうえの、愛
プロテウスのなれの果て
食事
サークル・ゲーム
カメラ
冬に眠る者
スプリング・イン・イグルー
女預言者
移住──カナダ太平洋鉄道で
内面への旅
木と石からなるもの
前─両生類
静かな生活に逆らって
島々
手紙、よせてかえす
ある場所──断片
探検家たち
入植者たち

関連書

ページの上部へ▲