獄窓から生まれた思想智の涙

智の涙 獄窓から生まれた思想

矢島 一夫 著
四六判 / 280ページ / 並製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2635-2 C0036
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 書店発売日:2020年01月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

壮絶な刑務所人生を振り返り、いまこそ
犯罪加害者の立場から伝えたいメッセージとは――

戦争中、極貧家庭に生まれ育ち、小学生のころから働き、
貧しさと苦労が重なるなかで少年事件を起こし少年院へ入院。
殺人事件を起こし、78年の人生の大半を刑務所で過ごした著者は、
獄中、独学で読み書きをおぼえた。
貧困と絶望が生む怒りと暴力をどう克服するか。
罪と罰に向きあうなかでめばえた、共に生き、生かしあう思想を世に問う。
帯文、鈴木邦男氏!

著者プロフィール

矢島 一夫(ヤジマ カズオ)

やじま・かずお
1941年、東京世田谷生まれ。
極貧家庭で育ち、小学生のころから新聞・納豆の販売などで働いた。
弁当も持参できず、遠足などにはほとんど参加できなかった。
中学卒業後に就職するが、弁当代、交通費にも事欠き、長続き
しなかった。少年事件を起こして少年院に入院したのをはじめ、
成人後も刑事事件や警官の偏見による誤認逮捕などで
たびたび投獄された。
1973年におこした殺人事件によって、強盗殺人の判決を受け、
無期懲役が確定。少年院を含め投獄された年数を合わせると、
約50年を拘禁されたなかで過ごした。現在、仮出所中。
獄中で出会った政治囚らの影響を受け、独学で読み書きを獲得した。
現在も、常に辞書を傍らに置いて文章を書きつづけている。
主著:『独房から人民へ――無産者の論理』(全2巻、田畑書店、1976年)。

目次

(抜粋)

序 刑務所の一日
  なぜ、刑務所にいたのか

Ⅰ すみません
 
Ⅱ 生い立ち
  誕生から小学校卒業まで
  大人への入り口
  中学は卒業したが
  「君はもう大人」
  結婚と挫折…

Ⅲ 獄中から生まれた思想
  ろくでなし
  ソウルブラザー・永山則夫
  まけるなよ
  狂ったライオン
  運命
  検察官との対話
  高倉健さん、ありがとう
  情理のきずな
  有知の涙……

関連書

ページの上部へ▲