格差社会アメリカの成り立ちメイキング・オブ・アメリカ

メイキング・オブ・アメリカ 格差社会アメリカの成り立ち

阿部 珠理 著
四六判 / 264ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2268-2 C0022
奥付の初版発行年月:2016年10月 / 書店発売日:2016年10月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

アメリカ先住民研究の第一人者が描いた、
アメリカの不平等社会の成り立ち!

もっとも貧しく、もっとも不健康な
アメリカのどん底のインディアン社会から
アメリカを照射すると、
そこから見えてきたのは、憧れの国として著者を誘った
自由と平等と民主主義のアメリカではなく、
不自由で不平等で非民主的なアメリカの姿だった。

アメリカの幸福と豊かさは、インディアンや黒人の不幸に
よって購われ、アメリカほど「他人の不幸は我が身の幸福」
の構造を、短期間でかつ大規模に見せつけた国は少ない。

本書は、章を追って、白人とインディアン、
ピューリタンと非ピューリタン、黒人奴隷と南部貴族、
ワスプとマイノリティ、資本家と労働者、
持てるものと持たざるものに光をあて、
両者の格差を明瞭に示す。

アメリカ先住民研究者であり、マイノリティを見つめてきた
著者だからこそ描けたアメリカ史!

※ 本書を読めば、現在のアメリカの格差社会が、
突然出来上がったものではないことが実によく分かります。
今のアメリカを知るための必読書!

著者プロフィール

阿部 珠理(アベ ジュリ)

あべ・じゅり
立教大学社会学部現代文化学科教授。
福岡市生まれ。立教大学社会学部卒業後、
カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)
大学院修了。博士(比較文明学)。
専攻はアメリカ先住民研究。
主著に
『聖なる木の下へ アメリカインディアンの魂を求めて』
(角川ソフィア文庫)、
『アメリカ先住民の精神社会』(NHK 出版)、
『アメリカ先住民 民族再生へ向けて』(角川書店)、
『大地の声 アメリカ先住民の知恵のことば』
(大修館書店)、
『ともいきの思想
自然と生きるアメリカ先住民の「聖なる言葉」』
(小学館101 新書)、
『NHK カルチャーラジオ 歴史再発見
アメリカ先住民から学ぶ その歴史と思想』(NHK 出版)
など多数。

目次

●第1章 アメリカ先住民の受難
他人の不幸は我が身の幸福のアメリカ

●第2章 ピューリタンの神話と真実

●第3章 黒人奴隷と「南部貴族」のアメリカ

●第4章 西部開拓物語

●第5章 移民国家アメリカ

●第6章 金ぴか時代の天国と地獄

●第7章 アメリカの世紀の光と陰

関連書

ページの上部へ▲