近江・湖北の精神風土奥琵琶湖「観音の里」の歴史

奥琵琶湖「観音の里」の歴史 近江・湖北の精神風土

大東 俊一 著
四六判 / 125ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2257-6 C0039
奥付の初版発行年月:2016年09月 / 書店発売日:2016年09月26日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

なぜ湖北地方(滋賀県北東部)には
       優れた観音像が多く残っているのか

「観音の里」はどのように形成されたのか、
渡来人による大陸の先進文化、古代氏族による在来信仰、
式内社と古墳に対する信仰、
伊吹山・己高山を中心とした仏教文化や山岳信仰、中世以降の仏像の奉祀、
そして現在も湖北に残る、春を告げる行事「オコナイ」等から検討し、
湖北の精神風土の特質を探る。

◉湖北地方(旧伊香郡・浅井郡・坂田郡)には、
長浜市高月町向源寺(渡岸寺観音堂)の十一面観音立像【国宝】や
木之本町石道寺の十一面観音立像【重要文化財】をはじめ、
平安時代初期以降の多くの優美な観音像が祀られている。
とくに高月町は「観音の里」と呼ばれ、白洲正子の随筆や
井上靖の小説『星と祭』で広く知られている。

著者プロフィール

大東 俊一(ダイトウ シュンイチ)

だいとう・しゅんいち
人間総合科学大学大学院教授。専門:比較思想・比較文学、日本思想史。
【著書】
『ラフカディオ・ハーンの思想と文学』(彩流社、2004)、
『日本人の他界観の構造』(彩流社、2009)、
『日本人の聖地のかたち──熊野・京都・東北』(彩流社、2014)ほか。

目次

◉目次内容◉
第一章 天日槍と渡来人
一 湖北の黎明期
二 天日槍
三 湖北における天日槍
第二章 湖北の古代氏族と信仰世界
一 湖北の古代氏族
二 古代氏族と式内社
三 式内社と古墳
四 自然崇拝
第三章 仏教文化と山岳宗教
一 仏教伝来
二 古墳から寺院へ
三 山岳信仰(一):伊吹山
四 山岳信仰(二):己高山
第四章 「観音の里」の成り立ち
一 山を下りた仏像たち
二 村人に守られる仏たち
三 村の成り立ち
四 霊場巡り
第五章 湖北のオコナイ
一 オコナイの源流
二 オコナイの特質
三 オコナイにおける神と仏

関連書

ページの上部へ▲