ヨーロッパ国際秩序とアメリカの独立アメリカ帝国の胎動

アメリカ帝国の胎動 ヨーロッパ国際秩序とアメリカの独立 Among the Powers of the Earth : The American Revolution and the Making of a New World Empire

イリジャ・H・グールド 著, 森 丈夫 監訳, 松隈 達也 訳, 笠井 俊和 訳, 石川 敬史 訳, 朝立 康太郎 訳, 田宮 晴彦 訳
A5判 / 394ページ / 上製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2241-5 C0022
奥付の初版発行年月:2016年06月 / 書店発売日:2016年06月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「帝国」アメリカは
どのような世界に生まれ、どのような世界を生み出したか。
独立のプロセスを丹念にたどった歴史書!

アメリカの独立と建国とは、「野蛮」と位置づけられた
アメリカが「文明」を自負する「ヨーロッパ国際社会」の
一員となるための苦闘であったーー。
「諸国家の中の国家」という視点から近代国家の発展を捉える
本書は、新たなグローバルヒストリーの挑戦である。

本書を通じて、明治維新など地域や時代が離れた
多くの事件が独立革命に重なり合い、事件の持つ新たな
意味合いが提示されていく。
現在の中東やアメリカで起こっている事態に対しても、
グローバル化が起こす国際秩序の変動を見据えることで、
歴史的な視点から理解するための必読の書といえる。

著者プロフィール

イリジャ・H・グールド(イリジャ エイチ グールド)

Eliga H. Gould.
ニューハンプシャー州立大学歴史学部教授。
初期アメリカ史研究の第一人者。
博士論文に基づいた
最初の著書『帝国の持続(The Persistence of Empire)』
(2000 年)は、オモハンドロ初期アメリカ歴史文化学会
ジェイムズタウン賞を受賞するなど、学会からの高い評価を得た。

森 丈夫(モリ タケオ)

もり・たけお
所属:福岡大学

松隈 達也(マツクマ タクヤ)

まつくま・たつや
所属:福岡大学(非常勤)

笠井 俊和(カサイ トシカズ)

かさい・としかず
所属:静岡県立大学(非常勤)

石川 敬史(イシカワ タカフミ)

いしかわ・たかふみ
所属:東京理科大学基礎工学部

朝立 康太郎(アサダチ コウタロウ)

あさだち・こうたろう
所属:西南学院大学国際文化学部

田宮 晴彦(タミヤ ハルヒコ)

たみや・はるひこ
所属:独立行政法人水産大学校

目次

【主な目次】
訳者まえがき    
日本語版序文    
序 諸国家の中の国家    
●第一章 ヨーロッパの辺境(On the Margins Nations)   
 第一節 ヨーロッパ国際条約の「共和国」
 第二節 辺境の民を統治する苦悩   
 第三節 七年戦争――アメリカとヨーロッパの一体化の開始 
●第二章 奴隷制の法(The Law of Slavery) 
 第一節 アメリカの自由と奴隷制 
 第二節 奴隷制の普遍性    
 第三節 奴隷制を巡る国際法秩序の確立
●第三章 パックスブリタニカ(Pax Britanica)
 第一節 平和を希求する海の改革
 第二節 北米に平和を 
 第三節 想像の帝国
●第四章 独立(Independdence)
 第一節 独立のための戦いという困難 
 第二節 「地上の列強」のなかで    
 第三節 合衆国憲法が切り開いた道    
 第四節 「国際条約に値する国」になること  
●第五章 奴隷所有共和国(A Slaveholding Republic)  
 第一節 奴隷制を巡る地理的な法秩序の変容 
 第二節 奴隷制を巡る国家主権の確立    
 第三節 奴隷所有共和国の確立   
●第六章 新世界と旧世界(The New-World and the Old) 
 第一節 イギリスの影   
 第二節 落日のスペイン帝国   
 第三節 文明と野蛮のあいだ   
 第四節 アメリカの平和   
エピローグ モンロー氏の平和(Mr. Monroe's Peace) 
     解説および訳者あとがき/参考文献/原註/索引

関連書

ページの上部へ▲