アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス身体と情動

身体と情動 アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス The Body and Emotions:Theorizing Affects in American Renaissance

竹内 勝徳 編, 高橋 勤 編
A5判 / 341ページ / 上製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2216-3 C0098
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 書店発売日:2016年04月08日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

ポー、メルヴィル、ホーソーンらによる身体描写
などから、アメリカン・ルネサンスの背後にひそむ
「アフェクト(情動)」を読み解く!

好評の『環大西洋の想像力』(2013)に続く、
アメリカン・ルネサンス文学論集。

著者プロフィール

竹内 勝徳(タケウチ カツノリ)

Katsunori Takeuchi.
1960 年まれ、鹿児島大学教授。
共編著に『環大西洋の想像力』(2013 年)など。

高橋 勤(タカハシ ツトム)

Tsutomu Takahashi.
1958 年まれ、九州大学教授。
『コンコード・エレミヤーー
ソローの時代のレトリック』(金星堂、
2012 年)、
共編著に『環大西洋の想像力』(2013 年)など。

目次

第一部 解き放たれる身体
 ポーの見たサイボーグの夢(高野泰志)
 呪術師の杖(大串尚代)
 電気と磁気の身体論(城戸光世)
 エマソンの幸福薬(古屋耕平)
 エイハブの脚(竹内勝徳)

第二部 知覚とリズム
 情動の響き(舌津智之)
 電信とタイプライターの音楽と駆動する情動(中村善雄)
 流動する集団的パロール(小林朋子)
 「ぼくの親戚、モーリノー少佐」における笑い(稲冨百合子)

第三部 情動の政治学
 扇情のアダプテーションと情動調律(新田啓子)
 「バートルビー」に潜む北米先住民(大島由起子)
 『緋文字』の時代とチリングワースの情動(村田希己子)
 不安の感染 「ベニト・セレーノ」論(高橋 勤)

【特別寄稿】 
「トーン」(抄訳)ーー『醜い感情』から(シアン・ンガイ/訳 笠根 唯)
 ◎訳者ノート 

関連書

ページの上部へ▲