ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー中欧の現代美術

中欧の現代美術 ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー central european contemporary art : Poland/Czech/Slovakia/Hungary

加須屋 明子 著, 井口 壽乃 著, 宮崎 淳史 著, ゾラ・ルスィノヴァー 著
A5判 / 245ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2066-4 C0070
奥付の初版発行年月:2014年12月 / 書店発売日:2014年12月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

日本での紹介が不十分な「中欧の現代美術」の世界を解説!
これまでの欧米中心の「現代美術」に新しい解釈を投げかけます!

ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー4ヵ国の「現代美術」を紹介する美術史研究。
第二次世界大戦後の社会主義リアリズムから、西欧の現代美術の影響を受けつつ、この地域独自の表現を模索した作品、1989年の「ベルリンの壁崩壊」「東欧革命」にともなう新たな表現から、21世紀に至る現代美術の動向まで、豊富な図版とともに解説する。
『中欧のモダンアート』(彩流社、2013)の続編!

◉刊行関連企画◉
国際シンポジウム「中欧の現代美術」開催決定!!

12/6(土)京都芸術センター&12/12(金) 国際交流基金 JFICホール
本書執筆者4名と、中欧諸国(V4+スロベニア、ルーマニア)のキュレーター6名が、各国の現代美術の状況について報告!

前書きなど

◉「ほんのヒトコト」
第29回 ポーランドの変化とともに 変わるものと変わらないもの──加須屋明子(『中欧の現代美術──ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー』ポーランド担当)

版元から一言

◉2014年、『「V4(ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー)+日本」交流年』関連企画出版!

著者プロフィール

加須屋 明子(カスヤ アキコ)

Akiko Kasuya
京都市立芸術大学美術学部准教授。
【著書】
『美術史をつくった女性たち──モダニズムの歩みのなかで』
(共著、勁草書房、2003)、
『アヴァンギャルド宣言──中東欧のモダニズム』
(共訳、三元社、2005)、
『ポーランド学を学ぶ人のために』(共著、世界思想社、2007)、
『中欧のモダンアート──ポーランド・チェコ・スロヴァキア・
 ハンガリー』(共著、彩流社、2013)、
『ポーランドの前衛美術──生き延びるための「応用ファンタジー」』
(創元社、2014)など。

井口 壽乃(イグチ トシノ)

Toshino Iguchi
埼玉大学教養学部教授。
著訳書に
『世界の写真家101』(共著、新書館、1997年)、
『バウハウスの写真』(共著、川崎市市民ミュージアム、1997年)、
『写真の歴史』(共訳、美術出版社、1998年)、
『ハンガリー・アヴァンギャルド MAとモホイ=ナジ』
(彩流社、2000年)、
『世界写真史』(共著、美術出版社、2004年)、
『アヴァンギャルド宣言ー中東欧のモダニズム』
(共編著、三元社、2005年)、
『ポーランドの建築・デザイン史  工芸復興からモダニズムへ』
(デイヴィッド・クラウリー 著、井口壽乃、菅靖子 訳、
 彩流社、2006年)、
『中欧のモダンアート ポーランド・チェコ・スロヴァキア・
 ハンガリー』(井口壽乃、加須屋明子 著、彩流社、2013年)、
『中欧の現代美術  ポーランド・チェコ・スロヴァキア・
 ハンガリー』加須屋明子、井口壽乃、宮崎淳史、
 ゾラ・ルスィノヴァー 著、彩流社、2014年)、
『西洋美術の歴史8  20世紀 - 越境する現代美術』
(井口壽乃、田中正之、村上博哉 著、中央公論新社、2017年)、
『生きている前衛 山口勝弘評論集』
(山口勝弘 著、井口壽乃 編、水声社、2017年)、
『視覚文化とデザイン  メディア、リソース、アーカイヴズ』
(井口壽乃 編、水声社、2019年)、
『ヴィジョン・イン・モーション』
(ラースロー モホイ=ナジ 著、井口壽乃 訳、国書刊行会、2019年)
などがある。

宮崎 淳史(ミヤザキ アツシ)

Atsushi Miyazaki
東京外国語大学大学院博士後期課程満期退学。
【著書】
『アヴァンギャルド宣言──中東欧のモダニズム』
(共著、三元社、2005)。
論文に「両大戦間期チェコにおけるシュルレアリスムの受容
――1920年代後半のインジフ・シュティルスキーによる
グラフィック作品を中心とした技法、主題、絵画空間の比較研究」
『西スラヴ学論集』第13号(2010)、
「両大戦間期チェコのシュルレアリスム美術――
シュティルスキーの作品におけるフレームの効果」
『スラヴ学論集』第17号(2014)など。

ゾラ・ルスィノヴァー(ルスィノヴァー ゾラ)

Zora Rusinová
スロヴァキア美術アカデミー教授、視覚文化研究所長。
【著書】
Autoportrét v slovenskom výtrarnom umení 20. Storočia, VEDA, 2009

関連書

ページの上部へ▲

タグ: