東アナトリア、シリアの歴史建築[英語版]

東アナトリア、シリアの歴史建築[英語版] Historic Christian and Related Islamic Monuments in Eastern Anatolia and Syria from the Fifth to Fifteenth Centuries A.D. – Architectural Survey in Syria, Armenia, Georgia, and Eastern Turkey –

東アナトリア研究会 編, 篠野 志郎 編, 藤田 康仁 編, 守田 正志 編
A4 / 88ページ / 上製
定価:12,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2065-7 C3052
奥付の初版発行年月:2015年02月 / 書店発売日:2015年02月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

古代から“文明の十字路”として多彩な文化が形成された東アナトリア地域
(アルメニア・東トルコ・グルジア)及びシリアに残された
キリスト教とイスラームの歴史建築の全貌に迫る17年間にわたる
学術調査の成果報告書!

有史以来、数多くの民族が移住・定住を繰り返し、多様・多彩な文化が
形成された東アナトリアは、グローバルとローカルの文明が鬩ぎ合う
周縁地域として、今後、文化史的に大きな意味と可能性を孕んだ地域と
いえる。しかし、その多様性は同時に、近・現代史における数多くの紛争を
誘発し、学術調査を忌避するものとなってきた。
21世紀においても依然として調査・研究未開拓地が残される、
そうした地域の文化遺産の内、本書はキリスト教とイスラームの歴史建築に
焦点を当て、1998年より継続して実施した調査の成果として、
本邦で初めて、東アナトリア地域に残る歴史建築の全貌に迫るべく、
文化史的意味と解説、及び遺構の現状、更には地震多発地域における
文化財の保全に関わる工学的研究を含めた論考を、多数の図版を用いて、
全文英文にて収録したものである。
中には調査後に倒壊した遺構もあり、
本書は東アナトリア地域の文化財資料としても貴重である。

96 頁( 概説部)+ DVD-ROM(研究論文234頁、遺構解説425頁、
遺構図版1518点!)付。

20世紀初頭にオーストリーの美術史家ストシィゴフスキーによって提唱され、
その後、20世紀の不幸な歴史の中で禁忌の扉によって閉ざされてきた
文化史的論争「アルメニア建築」に対し、本書は東アナトリア地域という
枠組みで、新たな視点と解を問いかけるものである。
同時にそれは、日本近代にとっての西欧という歴史的枠組みの再考を
迫るものになっている。

著者プロフィール

東アナトリア研究会(ヒガシアナトリアケンキュウカイ)

Eastern Anatolia studies

篠野 志郎(ササノ シロウ)

Shiro SASANO.
Professor
Department of Built Environment
Tokyo Institute of Technology.
Editors.
1949年、山口県生まれ。1974年、東京工業大学建築学専攻修士課程修了。
現在、東京工業大学人間環境システム専攻教授。工学博士。
専門は都市史・建築史。
1998年より、東アナトリア地域の歴史建築の調査研究を継続中。
1998〜2000年:第1次アルメニア共和国キリスト教建築遺構調査、
2002〜2004年:第2次アルメニア共和国キリスト教建築遺構調査。
2006年より東トルコの中世建築遺構調査。
著書:共著書に、『カフカース』(木村祟・鈴木董・篠野志郎・早坂眞理 編、
彩流社、2006)、『写真集 アルメニア共和国の建築と風土 Out of the Frame』
(篠野志郎 写真・文、彩流社、2007)、『写真集 東アナトリアの歴史建築
Stone Arks in Oblivion』(篠野 志郎、藤田 康仁、守田 正志、黒津 高行
編、彩流社、2011)などがある。

藤田 康仁(フジタ ヤスヒト)

Yasuhito FUJITA.
Editors.
1975年、東京都生まれ。2005年、東京工業大学人間環境システム専攻
博士後期課程修了。現在、東京工業大学人間環境システム専攻助教。
博士(工学)。
専門は、アルメニアやグルジアなど東アナトリア地域一帯のキリスト教建築史。
共著書に、『写真集 東アナトリアの歴史建築 Stone Arks in Oblivion』
(篠野 志郎、藤田 康仁、守田 正志、黒津 高行編、彩流社、2011)
などがある。

守田 正志(モリタ マサシ)

Masashi MORITA.
Editors.
1977年、東京都生まれ。2008年、東京工業大学人間環境システム専攻博士
後期課程修了。現在、東京工業大学人間環境システム専攻特別研究員。
博士(工学)。
専門は、トルコを中心としたイスラーム建築、都市史。
共著書に、『写真集 東アナトリアの歴史建築 Stone Arks in Oblivion』
(篠野 志郎、藤田 康仁、守田 正志、黒津 高行編、彩流社、2011)
などがある。

関連書

ページの上部へ▲