戦間期の在米日系人抑留まで

抑留まで 戦間期の在米日系人 Before Internment: Essays in Prewar Japanese American History

ユウジ・イチオカ(市岡雄二) 著, ゴードン・H・チャン 編, 東 栄一郎 編, 関 元 訳
A5判 / 336ページ / 上製
定価:3,600円 + 税
ISBN978-4-7791-1943-9 C0022
奥付の初版発行年月:2013年11月 / 書店発売日:2013年11月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

◆ 1960 年代に既存の日系アメリカ人史に明確に異議を唱え、「パラダイム・シフト」促した歴史家の遺稿選集。
◆日本人移民の歴史は「敵対的な土地で生き抜くのに苦労した少数派人種の歴史」であって「成功物語どころではなく」、
 文化的同化と経済的達成という通説を排し、一世の政治的権利の否定ないしは「国に不適な外国人」の逆境
 ――1950 年代初めまで彼らをアメリカの政治体制と社会生活の枠外に置いていた法的地位の問題
 ――に光をあてた『一世』の名著に続く第二弾!
◆日系アメリカ人史における戦間期の重要性を改めて指摘すると同時に、時代区分の見直しを迫り、移民法の成立した
 1924 年から1941 年にわたる様々な出来事とその動向が、強制収容の本質を理解する鍵と見て、新たなパラダイムを打ち出す。
 日系アメリカ人史に再び風穴を開ける。

著者プロフィール

ユウジ・イチオカ(市岡雄二)(イチオカ,ユウジ)

元UCLA歴史学准教授。(Yuji Ichioka)

ゴードン・H・チャン(チャン,H.ゴードン)

スタンフォード大学歴史学教授。(Gordon H.Chang)

東 栄一郎(アズマ エイイチロウ)

ペンシルベニア大学准教授。(Azuma Eiichiro)

関 元(セキ ハジメ)

翻訳家。(Seki Hajime)

目次

編集者の序 市岡雄二と日系アメリカ人史の新しいパラダイム
………………………………………東 栄一郎
第一部
  1 序
  2 第二世問題──二世問題への日本人移民の見方の変化 1902 〜1941
  3 見学団──二世訪日研修のはじまり
  4 国語学校──日本語学校をめぐる議論
  5 二元論の考察──ジェームズ・ヨシノリ・サカモトとジャパニーズ・アメリカン・クーリエ紙 1928—1942
第二部
  6 『多様性の中の一体』──ルイス・アダミックと日系アメリカ
  7 忠誠の意味──カズマロ・バディ・宇野の場合
  8 日本人移民のナショナリズム──一世と日中戦争
  9 真珠湾前夜の国家安全保障──1941年立花スパイ事件と連坐した一世指導者ら
  10 「被告弁護人」──市橋倭と日本人移民
  11 本多力太医師の死──戦時中の悲劇
第三部 
  12 日系アメリカ人研究の将来──北米、南米の日系に比較歴史的視野の期待
  13 成り行きの歴史家
あとがき──ユウジの思い出…………ゴードン・チャン
附 東京大学客員教授時代のユージ・イチオカ……油井大三郎

関連書

ページの上部へ▲