野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食

電子書籍版(電子書籍書店「パブックス PuBooks」にて発売中) 『野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食』

野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食

中澤 敬二 著
A5判 / 152ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1614-8 C0077
奥付の初版発行年月:2011年05月 / 書店発売日:2011年05月30日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

本格フレンチシェフが、実際に我が子に作っている離乳食を大公開!
シェフの父から息子へ贈る愛情レシピ。
本物の食には、人生を好転させる力がある。
3歳までに、食の本質=人生の本質を伝えるための本

「 離乳食でフランス料理なんて、ぜいたくだとか、やりすぎだと、みなさんは思いますか? 私はそうは思いません。なぜなら、私は高級食材を使っているのではなく、一般家庭にあるごくあたりまえの野菜や肉、魚を使っているからです。
 美味しい離乳食を食べると、赤ちゃんは食べる楽しみを覚えます。食事が楽しみになり、次にどんな美味しいものがくるんだろうと待っています。美味しくないものを食べさせ続けると苦痛になり、生きる(生命維持の)ためだけに、いやいや口に入れるようになります。その経験は、将来にわたってその人が死ぬまで影響するように思います」(本文より)


*レシピをご紹介する料理の例
タイム風味ニンジンのピューレ/鯛のクネル オニオンスープ仕立て/鶏ささみ肉とマッシュルームのポタージュ/牛フィレ肉と小松菜のごま風味煮込み/じゃがいものクリーム煮/若鶏モモ肉のバスケーズ/豚フィレ肉のソテー アニス風味 白菜の煮込み/ラタトゥイユetc…

版元から一言

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

著者プロフィール

中澤 敬二(ナカザワ ケイジ)

1956年長野県生まれ。フランス料理シェフ。フランス料理レストラン「ル・ジャルダン・デ・サヴール」オーナーシェフ。「レカン」「エヴァンタイユ」「ラ・プロムナード」などの修行を経て'81年渡仏。「ギー・サヴォワ」「トロワグロ」「ル・プティ・ニース」、そしてジョエル・ロブションの最初の店として有名な「ジャマン」などの3ツ星レストランで修行。
'85年に帰国し、20代で六本木イゾルデの料理長に。その後、ミッシェル・ブラス氏(ラギオール村の3ツ星オーベルジュ「ミッシェル・ブラ」オーナーシェフ)、ジャック・マクシマン氏(ニースのネグレスコホテル「シャンテクレール」元総料理長)の薫陶を受ける。
'91年に独立し、「ル・ジャルダン・デ・サヴール」を南青山にオープン(現在は東銀座)。プロ向けの主著:『美味しいヴァリエーションの基本 味を記憶する』『クラシックの魅力を再生する現代料理 古くて新しい味』(シェフ・シリーズ、中央公論社)。
http://le-jardin-des-saveurs.jp/

目次

●はじめに……3歳までで食の意識が決まる
●第1章 離乳食はすべての食の基本
 人生を好転させる食の力
 離乳食から始まる幸せ作り
 これから始めるあなたに
 固さ・油脂分・糖分に気をつけて
●第2章 はじめてのごはん…野菜を美味しく
 応用の利く基本料理とバラエティ豊かな「風味」の工夫
 まずは野菜を美味しく
 多種多様に使えるじゃがいも
●第3章 モグモグできるようになったら
 赤ちゃんの好きな味を探す
 やさしい味の鶏と野菜の組み合わせでバリエーション
 牛肉・豚肉も野菜と上手に組み合わせられる
 本物の味に出合う
●第4章 もう一人前……幼児期からの美味しいごはん
 遊び食べが始まったら
 食文化は地形によって生まれる
●エピローグ もっと「美味しい!」のために
 ちょっとしたポイント

関連書

タグ:料理

ページの上部へ▲

タグ: