造形とデザインの宝庫 ロマネスク、ルネサンス、バロックの回廊空間イタリア修道院の回廊空間

イタリア修道院の回廊空間 造形とデザインの宝庫 ロマネスク、ルネサンス、バロックの回廊空間

竹内 裕二 著
A5判 / 300ページ / 並製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1610-0 C0052
奥付の初版発行年月:2011年02月 / 書店発売日:2011年02月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

現代建築・造形デザインの原点としての回廊空間を論じた初の書!
1982 年に発見され、世界の建築家を驚かせたドナート・ブラマンテの設計図書(二つの文書)本邦初公開!
建築造形と人間の精神が結びついた霊的空間である修道院の回廊を建築史として追究。貴
重な資料をふんだんに使い、修道院の知られざる側面など、数多くの新知見を分かりやす
く紹介。建築図面など120 点の図版、150 葉のカラー写真を収載した、建築関係者必携本。

著者プロフィール

竹内 裕二(タケウチ ユウジ)

1943年生まれ。工学博士、一級建築士。早稲田大学卒業、ローマ大学建築学部修了。平成元年度日本政府文化庁派遣芸術家在外研修員。法政大学大学院博士課程修了。法政大学デザイン工学部建築学科、放送大学、星美学園短期大学非常勤講師。
著書に『イタリアの路地と広場 上・下』(竹内裕二 著、彰国社、2001年)、『イタリア 小さなまち紀行』(グラフィック社)、『イタリア中世の山岳都市』(竹内裕二 著、彰国社、1991年)などがある。

関連書

ページの上部へ▲