連合赤軍27年目の証言[ルネサンス版]



著訳者名植垣康博 著
副題
書名ヨミレンゴウセキグンニジュウナナネンメノショウゲンルネサンスバン
仕様/ページ数四六判/並製/296ページ
定価2,500円+税
ISBN978-4-7791-9032-2
出版年月日2022/2/3


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

「処刑をふくめ“総括”をになった僕には、逃げ道はないわけです・・・・・・」日本中を震撼させた事件の当事者が、その真相と獄中生活を出所後、初めて語る。収録内容/“娑婆”人生、三年目/インタビュー・27年目の証言/甲府刑務所だより

※[ルネサンス版] 少部数オンデマンド印刷にて再版しました。

目次

Ⅰ 娑婆人生3年目
 ●「強制睡眠」からの解放
 ●インタビューを通して経験したこと
 ●浦島太郎から抜け出して行く道
 ●運転免許の取得とテレビ出演
 ●時間のギャップを埋めながら…
Ⅱ インタビュー・連合赤軍27年目の証言
 ●連合赤軍事件と獄中27年 聞き手 鈴木 邦男
 ●僕にとっての連合赤軍事件 (1)(2) 聞き手 高橋 檀
 ●連合赤軍秘史
 ●番外編 聞き手 南原四郎
Ⅲ 甲府刑務所だより
 ●懲役囚としての仕事の楽しみ
 ●南アルプスの眺めに感動しています
 ●刑務所の土・日は貴重な時間です
 ●連合赤軍・オウム・沖縄…
 ●独房生活は極楽? 出獄まであとわずか…
Ⅳ『あの事件』─解説にかえて 宮崎学

著者プロフィール

植垣 康博(ウエガキヤスヒロ)
1949年1月  静岡県生まれ
1964年4月  静岡県立藤枝高校入学
1967年4月  弘前大学理学部物理学科入学、のち退学
1972年2月19日 逮捕
1982年6月18日 一審判決20年に判決
1986年9月26日 二審判決20年の判決
1993年2月19日 最高裁、上告棄却
1998年10月6日 刑期満了で出所

著書『兵士たちの連合赤軍〈改訂増補版〉』(彩流社、2014年(初版1984年))