三島SM谷崎



著訳者名鈴村和成 著
副題
書名ヨミミシマエスエムタニザキ
仕様/ページ数四六判/並製/208ページ
定価1,800円+税
ISBN978-4-7791-7066-9
出版年月日2016/6/17


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

ノーベル賞候補者としてのライヴァル関係をはじめとする深い因縁関係にありながらも、あまり関係性を論じられることのなかった三島と谷崎。サディストの三島由紀夫、マゾヒストの谷崎潤一郎のイメージを覆す新たな文学論。

目次

【主な目次】

序『陰翳礼讃』(谷崎)と『太陽と鉄』(三島)

Ⅰ 三島夫妻に見る〈『鍵』(谷崎)の構造〉

Ⅱ 淑徳の不幸
『サド侯爵夫人』(三島)と『細雪』(谷崎)の雪子

Ⅲ 覗く人の系譜
「月澹荘綺譚」(三島)と『武州公秘話』付『残虐記』(谷崎)

Ⅳ SMの頂点
「憂国」(三島)VS『瘋癲老人日記』(谷崎)

著者プロフィール

鈴村 和成(スズムラ カズナリ)
一九四四年、名古屋市生まれ。東京大学仏文科卒。
同修士課程修了。横浜市立大学教授を経て、同名誉教授。
文芸評論家、フランス文学者、紀行作家。
著書に『村上春樹とネコの話』(彩流社)、
『村上春樹は電気猫の夢を見るか?』(彩流社)、
『テロの文学史 三島由紀夫にはじまる』(太田出版)など
がある。

鈴村 和成の作品