ヘンリ・アダムズとその時代



著訳者名中野博文 著
副題世界大戦の危機とたたかった人々の絆
書名ヨミヘンリアダムズトソノジダイ
仕様/ページ数四六判/並製/256ページ
定価1,900円+税
ISBN978-4-7791-7057-7
出版年月日2016/3/9


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

連邦下院議員秘書、外交官、ジャーナリスト等、多彩な経歴を持つヘンリ・アダムズと、その妻、家族、友人たちの活動を通じた、19 世紀後半〜20 世紀前半のアメリカ政治──社会の建て直しや国際平和の維持など──への関与を検証。

目次

序章 ファースト・レディとレディ・リンゼイ
── 1939 年、イギリス国王夫妻の訪米
第1 章 クローヴァの青春
第2 章 アダムズ家の人々──平和と和解のための戦い
第3章 祖国復興の理想
第4章 首都ワシントンの社交界と政党組織(マシーン)
第5章 アダムズ夫妻にとっての日
第6章 異境への旅立ち
第7章 一九世紀末フランスから見た世界
第8章 門戸開放通牒に込められた思い
第9章 崩壊してゆく世界のなかで
第10 章 世界大戦の勃発
最終章 託された希望──エレノアとエリザベス
あとがき
主要人物の家系図

著者プロフィール

中野 博文(ナカノ ヒロフミ)
北九州市立大学外国語学部教授。
1962 年福岡県生まれ。学習院大学法学部政治学科卒業、
同大学大学院政治学研究科修了、博士(政治学)。
広島大学総合科学部講師、
北九州市立大学外国語学部助教授とを経て、現職。
主要な論文として、
「20 世紀アメリカ民主政への接近視角」金井光太朗編
『アメリカの愛国心とアイデンティティ』
(彩流社 2009 年)、
「人種と権利政治」川島正樹編
『アメリカニズムと「人種」』
(名古屋大学出版会 2005 年)。