テレビと原発報道の60年



著訳者名七沢 潔 著
副題
書名ヨミテレビトゲンパツホウドウノロクジュウネン
仕様/ページ数四六判/並製/227ページ
定価1,900円+税
ISBN978-4-7791-7051-5
出版年月日2016/5/16


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

視聴者から圧倒的な支持を得て国際的にも高い評価を得たNHK『ネットワークでつくる放射能汚染地図』。国が隠そうとする情報をいかに発掘し、苦しめられている人々の声をいかに拾い、現実を伝えたか。報道現場の葛藤、メディアの役割と責任とは。

目次

第一部 3・11以後
 「放射能汚染地図」から始まる未来
 チェルノブイリ事故時の言葉から何を引き出すか
 操作された記憶の半減期
 福島はいまどうなっているか
第二部 3・11以前
 「核と現代」
 原子力50年・テレビは何を伝えてきたか
   ――アーカイブスを利用した内容分析

著者プロフィール

七沢 潔(ナナサワ キヨシ)
1957年生。1981年早大卒後NHK入局、
ディレクターとしてチェルノブイリ、東海村、福島などの
原子力事故を取材。
主な作品に「放射能食糧汚染~チェルノブイリ2年目の秋」(1987)、
「原発立地はこうして進む~奥能登土地攻防戦」(1990)、
「チェルノブイリ・隠された事故報告」(1994)、
「東海村臨界事故への道」(2003)、
「ネットワークでつくる放射能汚染地図~
福島原発事故から2カ月」(2011)など。
現在はNHK放送文化研究所上級研究員。
著書に『原発事故を問う』(岩波新書1996)、
『東海村臨界事故への道』(岩波書店2005)、
『ホットスポット』(共著・講談社2012)など。
論文「テレビと原子力」(『世界』2008.06-08)で
科学ジャーナリスト賞受賞。