演出家の誕生



著訳者名川島 健 著
副題演劇の近代とその変遷
書名ヨミエンシュツカノタンジョウ
仕様/ページ数四六判/並製/223ページ
定価1,800円+税
ISBN978-4-7791-7047-8
出版年月日2016/1/13


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

演出を知らずして演劇を語るなかれ。演出家の誕生から60 年代パフォーミング・アーツの出現まで、舞台に生命を吹き込む演出が社会的背景や思想にいかに影響され変わっていったかをヨーロッパを中心に「演出」の変貌を解説する。

目次

はじめに
第一章 俳優の時代
第二章 チェーホフのメタファー
第三章 スタニスラフスキーと心理の創造
第四章 劇場のテクノロジー
第五章 クレイグと劇的空間
第六章 自然主義演劇の時代
第七章 キャラクター主導のナラティブ
第八章 ピランデッロから不条理へ
第九章 反カタルシス――ブレヒトの演劇革命
第十章 観客の発見
第十一章 不条理演劇
第十二章 新しい空間をもとめて
終章 比喩としての演劇
最後に

著者プロフィール

川島 健(カワシマ タケシ)
同志社大学文学部准教授。
ロンドン大学ゴールドスミス校にてMphil 取得。
東京大学大学院にて博士号取得(二〇〇八年)。
早稲田大学高等研究所助教、
広島大学大学院文学研究科准教授を経て現職。
主な著書に、
『ベケットのアイルランド』(水声社、二〇一四年)、
『ベケットを見る八つの方法』(共編著、水声社、二〇一三年)、
『サミュエル・ベケット!』(共編著、水声社、二〇一二年)。
訳書にジェイムズ&エリザベス・ノウルソン『ベケット証言録』
(共訳、白水社、二〇〇八年)。
二〇一〇年福原麟太郎賞(「ベケットのダブリン詩篇」、
研究助成)受賞。